月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとした出会い

世の中って、いろいろと不思議なことがあるわなも。

初めて訪れた場所なのに、「今までに来たことがある」と思ってまったり、初めて会った人が、偶然にも知り合いの知り合いだったり・・・。

つい先日ね、らくだは不思議な出会いをしたんだわね。


それは、放射線医に予約が入っとったある日。
シェイクの職場近くの放射線開業医だったもんで、そのついでに仕事に顔を出したんだわね。
で、ついでにちょこっと用事を。

そしたらね、らくだがたまにドライフルーツを買う店が、シェイクが働く田舎町にもあったんだわ~。
この店のドライマンゴーっちゅうのがね、でらうま(とてもおいしい)んだわ。
ガムのようにかってゃ~(かたい)のじゃにゃ~て、フルーティーなの。
ただし、加工に砂糖を使っとるらしいんで、買うのはたま~に、砂漠市に出たときだけ。
お店はね、こんなとこ

無農薬有機栽培・フェアトレードの製品が売っとるんだけど、それだけにちょこっと高いのね。

で、ドライマンゴーを買ったわけだわなも。

売っとった女性が、
「外は寒いから、少しコーヒーでもいかが?」って聞いてくれたもんで、遠慮のにゃ~らくだは、
「はい、喜んで」ってご馳走になりながら、話し始めたら、ご主人がハイチで働いとったことがあったとか・・・。
ハイチの人々の役に立ちてゃ~と思ったらくだは、相談をしてみる。


そのまま、宗教のことやら、らくだの専門分野と職業のチャンスなんてことも話題になったんだけど、彼女は、どぇりゃ~信仰心の深いカトリックなんだけど、それでもいやみが無くって、とにかく考え方が合うんだわ。
教育論やら、社会福祉に対する考え方、いろいろな面で「某国人でも、こんな人がおりゃ~たのね。」と感心。

で、話し込むうちに、ご主人がシェイクと同業者っちゅうことが判明。

ハイチで働いた経験もあるくりゃ~だで、どうやら開発援助関係の仕事らしくて、シェイクとは分野がまったく違うんだけどね。
ご主人が今、働いとりゃ~す職場は、学生時代にシェイクが実習したところ。
ついでに言うと、若かりし頃、シェイク父が働いたこともあるわけよねぇ。

ご主人の仕事と関連することかと思って、シェイクが学生時代にアフリカのとある国で実習したことにも言及。
すると、この女性が大興奮しや~す。

「んっまぁ~~~。世の中ってホント、狭いものねぇ。
私、カトリック教会婦人会の仲間と、今度そこの視察に行くのよ~。」


この女性は、いつもこの店で店番(ボランティア)をするわけじゃにゃ~て、交代制らしいの。
だで、この人と再会することがあるかどうかはわからんけども・・・。

何となく、あんな田舎町で出会うべき人に出会ったっちゅう感じがして、ちょこっと心があったかくなったわなも。


なっぎゃ~間、話し込んで、初対面の一般の人にあの一言を言われんかったのは、久しぶり。

「某国語、お上手ね~。」

余談だけど、らくだ、この言葉が好きじゃにゃ~。

でゃ~がく(大学)関係者は、だぁれも言わんけどね。だって、本当に相変わらず下手だし~。(爆)

スポンサーサイト

*Comment

Tulpさんへ 

もしかしたら、日本人も日本語が話せる外国人に対して、同じことを言っているのかもしれませんね。こうやって、外国で暮らしてみると、日本で暮らす外国人は、我々がこちらで経験している以上に、日本で嫌な思いをしているのかもしれないなと思います。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2010.01/29 23:48分 
  • [編集]

No title 

「(私の場合は)オランダ語、お上手ですね~」の言葉・・
オランダに移住して間もない頃は純粋にうれしかったのですが
最近やっぱり言われるとちょっと複雑な気持ちになります・・。
特に住んでもう3年以上だと言っているのに
ほんのちょっと話しただけで「オランダ語、上手ですね」と言われると
なんか真実味にかけるというか・・・
相手は好意で言ってくれてるんだとは思うのですがね~。
  • posted by tulp 
  • URL 
  • 2010.01/29 12:21分 
  • [編集]

ろばさんへ 

> <「某国語、お上手ね~。」
> ほんと、同感です!私も、この台詞好きではありません。
> しかもスシ!ゲイシャ!フジヤマ!くらいの日本語しか知らなさそうな人に「私の日本語よりもずっと上手」という、褒めてんだか、けなしてんだかわからない台詞にもっとカチンときます。
**************
私は、相手の日本語知識と比較されるのが嫌なのではなくて、「お前はあくまでも外国人だぞ」という壁を目の前に突きつけられたような気分になるのと同時に、「外国人(アジア人)は、まともに某国語を話せない」という偏見を相手に見出してしまうのです。だって、こんな言葉、某国人が相手なら言わないわけですし、8年も真面目に勉強していたら、外国語を話せるようになるのは、当たり前だと思うのですよ。

> これを知り合いに話すと、悪気があって言ってるんじゃないから素直に喜べばいいといわれたんですが、それでもね~。
*************
私、普通は相手に悪気が無いことはわかるので、あまり気にしないで、「まだまだ発展途上です。」とか、「そりゃ、そのために時間もお金もつぎ込みましたから」と素直に答えることが多いのですが、一週間の間に何度も同じことを言うと、さすがに面倒くさくなることもありますよね。まだまだ修行が足りないというか・・・。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2010.01/21 22:04分 
  • [編集]

No title 

<「某国語、お上手ね~。」
ほんと、同感です!私も、この台詞好きではありません。
しかもスシ!ゲイシャ!フジヤマ!くらいの日本語しか知らなさそうな人に「私の日本語よりもずっと上手」という、褒めてんだか、けなしてんだかわからない台詞にもっとカチンときます。
これを知り合いに話すと、悪気があって言ってるんじゃないから素直に喜べばいいといわれたんですが、それでもね~。
  • posted by ろば 
  • URL 
  • 2010.01/21 10:24分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。