月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなお姿でお会いするとは

らくだ、最近、なかなか好調なペースで更新中。
いってゃ~(一体)、何が起こってまったのか、自分でもおそぎゃ~(恐ろしい)わなも。

最近、朝が起きれんもんで、なんと、弁当苦行は夕食後に・・・。
作ったものをタッパーに詰め、冷蔵庫に突っ込み、シェイクに翌朝、渡す作戦。
本人がそれでえぇっちゅうんだで、ええんだわよ!!と、開き直りの鬼妻。

お弁当って言ってもね、某国飯をタッパーに詰めてもたせるか、アジアっぽいものを無理やり持たせることが多いもんで、日本の奥様方のような手の込んだ弁当は一切なし。

酷いと、炒めたソーセージに発酵キャベツ(一部ではキャベツの酢漬けと間違われとる、某国名物)の缶詰とゆでたジャガイモとか、そんな手抜きで、それをシェイクが翌日の昼にレンジでチンするんだわね。
正直言って、自分で食べるなら、前日に炒めたソーセージなんて、食べたくないんだけど・・・。
まあ、その代わり、アジア飯やら日本のお弁当の定番っぽいものは、冷凍食品がにゃ~もんで、しっかりと手作り。


春巻きでも餃子でも、ちゃんと作ったもんのときは、こっちから

「今日の弁当、うまかったきゃ~??」

なんて請求せんでも、

「らくだちゃん、今日のお弁当、どぇりゃ~うまかったわなも。」

と言われるっちゅうことは、実はプレッシャーにもなるわなも。



で、更なる新メニュー開拓に向けて、時々、普段は行かんようなスーパーやら、アジアショップを隅々と探検するんだがね。そうすると、普段はぜってゃ~(絶対)買わん鴨っぽい鳥の肉とか、シーフードを買ってみたり、いろいろと珍しいものを買ってみるわけよ。

こないだはね。。。。
(グロ系食材が苦手な方、この先、読むべからずでございまする)



いってゃ~いつから冷凍棚に入っとるんかねぇ?
って聞きたくなるほど、ガリガリに凍りついた海老を20匹入りをお買い上げ~。
しばらく冷凍庫に眠らせたけど、邪魔になってきたもんで、作ったのが

え・び・ふりゃ~~~

まあ、本当は名古屋地区では、「えびふりゃ~」とは呼ばれとらんのだけどね。


たまたま、らくだも職場でお昼ご飯を食べることになっとったもんで、20匹全部持ってったんだわ。
シェイクはこれが気に入ったらしく、3日間絶食した狼のように、ムシャムシャと食べて、残ったのは結局4匹。
えっとね、らくだが食べたのは、3匹。
ってことはね、シェイクが13匹食べたってことだよね。
もうちょこっと、翌日のおかずにしようとか、そういう近い未来のことを考えて食べてくれると助かるんだけど。


挙句の果てに、
「らくだちゃん、こんなうみゃ~もん、何でもっと頻繁に作ってくれんの?」
と、こっちの出費と手間も気にせず、無理な要求。
ヒレ豚カツやら、鴨胸燻製もどきとか、高そうな食材を使うと、よくこういう発言をしや~すのね。


で、タイトルなんだけど・・・。
同じくアジアショップの冷凍庫に「とあるもの」があったわけ。




↑これでござんす。

足の部分だけだと思うんだけど、皮も剥かれ、調理するばっかに加工されたとおぼわしき、けろちゃんたち。
海老と同じく、かなりの大袋。

そこで、ぴんと来たらくだ。
このケロちゃんたちを、フライかから揚げにして弁当に持たせるっちゅうのは、いかがかね?
さすがのシェイクも、バカ食いはせんわよね??
と思いつつ、イマイチ、品質やら調理法に自信が持てんくて、ケロケロちゃんたちとはそのままお別れ。

だってね、カンボジア旅行のガイドさんがね
「今は乾季だから、冷凍物しか出回ってなくて、美味しくないよ。」
って忠告してくれたのよね。
ってことは、某国で手に入る冷凍物じゃ、美味しくないってことだわなも。

おまけにね、ケロちゃんってのは某国じゃ高級食材(?)なのか、なかなかお値段が張る!!
せっかく出費して、美味しくなかったら勿体にゃ~わよね。

ここのブログに来てちょ~でゃ~す方々で、ケロちゃん召し上がった経験がありそうなのは・・・。

う~ん、たまに遊びに来てくださるカンボジア在住の糸吉さんか、ゲテモノ好きそうな赤い大地のお方くらいだわよね。
糸吉さんは、確か日本にお里帰り中だったと思うし、赤い大地のお方も某国をお留守になさっとるわよね。

他にも、おりゃ~す(いらっしゃる)ようだったら、是非是非コメント残してちょ~すきゃ??
やっぱりね、冷凍ケロちゃん買うには、勇気がいるもんでぇ・・・
一説によれば、鶏肉っぽい淡白なお味だとか。
確かに、薬品でグツグツ煮てから、筋肉をはがした感じでは、そんな風だったわよね。
スポンサーサイト

*Comment

鯨もん。さんへ 

こんにちは~。
鯨もん。さん、ケロちゃんを食べたんですね。
ワニって、らくだも食べたような・・・。
スパイスで味付けて、ステーキにしたような。オーストラリア料理の店でした。

でも、ゲテモノ好きじゃなきゃ、いったい、日本人の誰が、ケロちゃんやらワニさんを食べるんですか??
って、シェイクに食べさせようと思ったのは、らくだですけど・・・。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2010.04/18 21:20分 
  • [編集]

くまさんへ 

リンク、ありがとうございました。
現地の方のリポートだと、やっぱり、新鮮さが勝負なんですね。
生きているのが手に入ったら、誰かにさばいてもらって、食べてみたいものです。

私、生物学実験で麻酔からさめてしまったケロちゃんに、顔に飛びつかれて以来、生きているケロちゃんを触ることができないのです。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2010.04/18 21:12分 
  • [編集]

ケロちゃん。 

v-22日本時間でこんばんは。
ケロちゃん食べたことありますよ~!
あっさりした白身魚と鳥のササミを足して2で割ったような食感。。
・・だったような。 (なんせずいぶん前なんで)
ちなみに。ワニさんも食べたことありますぜ!
でも決して ゲテモノ好き ではありません(笑)
  • posted by 鯨もん。 
  • URL 
  • 2010.04/18 13:18分 
  • [編集]

そして、もうひとつ 

自分でさばいちゃうー?(ひー)

本文中にアドレスを書くとスパムになってしまうので、
二つに分けて書きましたー。
  • posted by どくとるくま 
  • URL 
  • 2010.04/18 10:09分 
  • [編集]

あはは 

私はダメですが、こちらの記事でこんな感じ。

おいしいらしいですね。でも、やっぱり新鮮さが大事みたい。
「カエル屋さん」の雑誌記事は、お料理前の写真だったから、グロさはこんなものではございませんでした。
  • posted by どくとるくま 
  • URL 
  • 2010.04/18 10:06分 
  • [編集]

コーヒーキャットさんへ 

うむ、やはり見た目だけじゃなくて、味も鶏肉っぽいのですね。
(おばあさまの話では・・・)
学生時代に、生物学実験の宿題で、ケロちゃんの骨格標本を家で作ったのですが、そのときの感じでは、「まさに鶏肉!!」というイメージでした。

> 祖母が子供の頃は「おねしょが治る」として、食べられていたとか..
***************
それを知っていたら、子供の頃に食べるんでした~。
私、小学生になっても(確か3~4年生くらいまで)、おねしょを時々した覚えが・・・。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2010.04/17 20:14分 
  • [編集]

食べたことはないんですが.. 

...鶏肉のように淡白で美味しいって聞いたことがあります。
祖母が子供の頃は「おねしょが治る」として、食べられていたとか..
参考にならなくてごめんなさーい。
  • posted by コーヒーキャット 
  • URL 
  • 2010.04/17 19:01分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。