月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人でよかったと思った瞬間

9月のらくだキャラバンに向け、いそいそと準備中のらくだ家。
らくだは、イマイチ乗り気じゃにゃ~んだけど、シェイクは張り切っとってねぇ。
2月にナイルの賜物のお国に出かける前には、既に予約を終わらせとったくりゃ~だわなも。

えっとねぇ、今度の行き先、9月はまだまだあっちぃ~はずなんだわ。
あっちぃのが苦手ならくだは、それだけでも行く気ゼロ。
学生時代から、アジア旅行にはまる友達もいっぴゃ~おりゃ~したけど、らくだがアジア方面に興味がなかったのは、暑さのせいでもあるんだわね。

そんなわけで、乗り気じゃにゃ~のに、ノリノリのシェイクに準備を押し付けられて、いやいや準備中のらくだ。

先日は、ビザを取りに州都までとんぼ返り。

「午前11時30分までに申請すれば、当日17時~18時に取りに行くことができる。それ以降の申請は、翌日の発給・受け取り。」なんて、書いてあったもんで、何とか間に合うように、朝6時半にオアシス村を出発。
いろいろとトリックを使い、安い切符を上手に使うために、準急を乗りついで、途中で40分の休憩まで入れての移動。特急だったら、2時間ちょっとだと思うんだけどねぇ。貧乏くしゃ~シェイクは、ケチるためなら、体調が思わしくないらくだに、平気で無理させる。。。
そんなこんなで、ビザ発給所にたどり着いたのが、11時ちょこっと前。

で、番号札を取って待っとったんだけど、これがねぇ、仕事がのろいんだわ~。

まあ、かなり混雑しとったっちゅうのもあるんだけど・・・。
中には、自分の番になってから、窓口で申請書に記入し始める手際の悪い迷惑おばさんとかもおりゃ~てねぇ。
そういうおばさんを、辛抱強く待っとる職員も職員だわ。

11時半には間に合いそうになくなったもんで、「こりゃ、郵送で送り返してまわないかんわね。」と判断。
(いや、翌日まで待っても良かったんだけど、翌日はでゃ~じな用事があってねぇ、ダメだったんだわ~。)
急いで徒歩5分くりゃ~の郵便局で配達証明用の切手を貼った封筒を調達して戻ってきたんだけど、結局12時過ぎまで待ったがね~。

この待ち時間に、「某国ではぎゃ~じん(外人)であるらくだ、特別な書類がもう一枚と住民登録のコピーが必要」って情報も入手。
でもね、住民登録のコピーなんて持っとらんもんで、パスポートに貼り付けてある定住許可(Niederlassungsrelaubnis)で代用させてまう交渉を。
身分証明であるパスポートが手元から消えるっちゅうことで、郵便局に行った際に、パスポートの写真がついとる部分とこの滞在許可の部分のコピーを、念のために2みゃ~(枚)ずつ取っといたのよね~。
何といっても、カレーのお国の方々に自分のパスポートを人質に取られるっちゅうのは、どうもしんぴゃ~(心配)だったもんで・・・。
ほら~、郵送するってことは、カレー国の方々だけじゃにゃ~て、ポストにも人質に取られるっちゅうことだがね。どっちも、信用でき~へんがね??

そんなわけで、ビザの申請書を提出して、らくだの分とシェイクの分の料金を払おうとしたら・・・。


シェイク:観光ビザ(6ヶ月) 50ユーロと サービス料11ユーロ78セント
らくだ: 観光ビザ(6ヶ月) 10ユーロと サービス料11ユーロ78セント


カレー国のビザ申請、大使館・領事館公認の有限会社にアウトソース(まあ、独占企業だわね)しとるんだけど、お役所っぽい仕事ぶりで、サービスもヘチマもありゃ~せん。でも、サービス料は支払うらしい・・・。ブツブツ。

でもね、らくだのビザ申請料、たったの10ユーロ!!!


ホームページで調べたときには、ニッポン人も某国人と同じ料金って書いたったはずなんだけど、うれしい誤算。
ちなみに、日本国内での申請も、日本円に換算すると、同じような料金だったと思ふ・・・。

某国におると、日本人であることは、らくだの専門分野・居住地においては、どっちかっちゅうとネガティブ。
わざわざ日本人を雇うよりも、同じぎゃ~じんなら、トルコ系やら旧ソビエト圏・東欧出身者やキリスト教徒が優先。

そんななかで、某国人にてゃ~して、始めて優越感を味わった瞬間だったわなも。


あ~、日本人でよかった!!!!



ちなみに、パスポートは人質に取られ、その代わりに州都でダラダラと時間をつぶす必要もなくなったらくだ。
楽しみにしとったはずの「日本食ランチ」も果たさぬまま、駅でサラダを買って、電車に乗り込み、さっさとオアシス村まで帰ってきたわなも。

えっとね、「とりあえず駅で電車の接続を調べてから、優雅にランチでも・・・」と思ったら、乗換え1回だけで、一番早い準急の接続が10分後に出発することが発覚。こういう都合の良い接続を逃すと、次の接続は1時間余分に時間が掛かるとか、3度も乗換えが必要とか、いろいろと不便なのが、某国の鉄道。遅れることも日常茶飯事だで、乗換えのたびに、「接続列車に間に合うのか」っちゅうスリルも味わえる。
ってことで、早くて乗換えの少ない接続を逃すわけにはいかんのよ~。

予定では、22時15分くりゃ~になるはずだった帰宅時間。
八百屋で買い物を済ませても、15時45分となりました。
実は、うれしい誤算だったのかも・・・。

ちなみに、このお国のビザ、国籍によって料金が違うらしい。
ロシアとか、50ユーロだけじゃにゃ~て、さらに追加料金。

確か、サッカーのワールドカップにも出場した半島北側のお国は、タダ!!!
政府関係者以外は誰も入国せんと思っとるのか、えらく気前がいい。

だからって、あの国のパスポート・国籍を持ちたいとは微塵にも思わんけどね。

スポンサーサイト

*Comment

pharyさんへ 

某国で申請する場合に、外国籍保持者は一律OOユーロ上乗せとかいうなら、理解できるのですが、本当に神秘の国です。

インド、一度は行ってみたかったのですが・・・。
気弱な私、ガイドブックの読者体験記などを読み始めたら、すでに行く気ゼロです。
よろしかったら代わりにいかがですか? 
もれなく、ケチですぐにキレル夫がついてきますが。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2010.08/06 16:57分 
  • [編集]

No title 

この国籍によって申請料が違うってのは何を基準にしているんでしょうね?
いいなぁ、インド行ってみたいなぁ。
うちなんかまだ今年のウアラウプのウの字の計画も出来てませんよ。
  • posted by phary 
  • URL 
  • 2010.08/05 23:12分 
  • [編集]

鯨もん。さんへ 

> らくだのせなかさんの申請料。 旦那さまよりめっちゃ安いですやん!
> でも・・ サービス料のが高いって・・・ 変な感じ(笑)
**********
でしょ、何か得した気分になるんです。
で、じっくり考えると、そうそうインド領事館がとる料金より、ビザ発給会社が取り立てる金額のほうが高くって、不思議になるんです。

ビザの取得、某国での滞在許可申請のことを思えば、ゆるゆるです。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2010.08/04 15:30分 
  • [編集]

へぇ~ 

v-22日本時間でこんばんは。
ビザ申請も大変ですな~
らくだのせなかさんの申請料。 旦那さまよりめっちゃ安いですやん!
でも・・ サービス料のが高いって・・・ 変な感じ(笑)
  • posted by 鯨もん。 
  • URL 
  • 2010.08/03 14:39分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。