月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家事の分担

久々に、この馬鹿ップルの話題。
なんだか、言葉じてゃ~が既に死語だけど、そんな言葉がぴったりのお2人。

逃げるようにハイジの国に、それも税金から引越し代をせしめて引っ越した2人。
オジーとアンナ。

シェイクとオジーは、時々、メールや電話で連絡を取り合っとるんだけど、ロシア嫁とアジア嫁は、完全にお互いの存在を無視。
実はね、ロシア嫁アンナ、今年に入ってから母親になったのだけど、子供が生まれたっちゅう写真つきのカードが、生後3ヵ月後に届くまで、オジーはシェイクに嘘をつき続けたの。「子供の話題は、うちでは一切、出てこない」とか言ってね。
いろいろな経緯を考えたら、公にしたくないって気持ちがわからんでもにゃ~んだけど、何も、親友に嘘つくことにゃ~でしょ? 子供の話題は出てこなくても、子作りはしとったわけで・・・。
どうやらね、オジーは、ぜぇ~んぶ、アンナに命令されるままに嘘を突き通したらしいの。
どうせ、ばれるのにね。
カードが生後3ヶ月後にやっと完成したのも、オジーの仕事が忙しくって、カードを作る暇がなかったってことらしいけど・・・。

週末、久々にオジーと電話で話したシェイク。
オジーが、ハイジの国にわたって2年で、既に3回目の転職をするって話に仰天。
(2度目の転職は、聞いてもおらんかったわけ・・・。)


さらに、衝撃の事実が・・・。


シェイクが根掘り葉掘り聞いたら、最初はオジーが言いにくそうにしとったようだけど、ポツリポツリと語り始めたらしいの。

オジーは、シェイクと同じくりゃ~忙しく働くらしいんだけど、週末には家事と子守の一切を押し付けられる引き受けるらしいのよ~。
平日は、みゃ~にち(毎日)10時間半勤務に、通勤時間が往復で1時間10分。
週末や祝日は、家事と子守を分担。
夜鳴きしても、起きるのはオジーだって話。

あのねぇ、シェイクも自営になってからっちゅうもの、どぇりゃ~忙しいのよ。
で、シェイクを見とるとわかるけど、ストレスも半端じゃにゃ~のよ。
オジーはぎゃ~じん(外人)として差別されながら、ハイジの国で働いとるわけで、自分の故郷で親の跡を継いだシェイクとは気の張り詰め方も違うと思うのね。

注)ハイジの国の一部では、「国粋主義」が強く、某国人ですら、外国人として差別されやすい環境にあるそうです。周囲に認められたかったら、ハイジの国の人々の3~5割り増しで働かねばならないと、オジー自身が申しております。

そんな夫が、身も心もリラックスするはずの週末は、家事と育児にいそしみ、夜中も一日交代で、夜鳴き当番。

かたやアンナは、主婦。
子供が生まれたっちゅう連絡のカードすら自分で手配せず、夫に嘘をつかせて、夫に家事も育児も割り当てる。
そりゃ、1日24時間子供と顔を突き合わせとったら、息抜きもしたくなるだろうけど、稼ぎ頭のオジーが過労で倒れても、ハイジの国の社会保障制度で、どこまで保障されるのか??



1月末に子供が生まれてから、2度目の旅行に行くらしい、この馬鹿族。
行き先はプロバンス南西部。
(ちなみに、一度目は南イタリア)
ハイジの国から車で行くらしいけど、免許を持たぬアンナと子供を乗せた車の運転手はオジー。
前回の、1200キロを越える旅程が無茶だったってことで、今回は850キロを1人で走破するらしい。


らくだも鬼妻・鬼嫁だけど、上には上がおりゃ~すわよね。
こりゃ、さすがのらくだも降参だわなも。

スポンサーサイト

*Comment

Chakyさんへ 

えぇ~~?? それが当たり前なんですか?
夫の周囲では、学校の教師や公務員以外では、聞いたことのない話でした。
きっと、夫自身も父親の育児参加で育った人間ではないから、余計に奇妙に感じるのでしょうね。

確かに、夫と義父、私と亡父の関係は、複雑といえば複雑ですが。
どちらの場合も、父親が育児参加までしたら、過労で倒れただろうなという状況でしたので・・・。

父親の育児参加、一応、専門家として勉強したので、とても納得できますよ。
私の教授は、「5歳くらいまでは、母親との関係のみが重要である」と言っていたけど、これには大反対。
父親との関係が希薄だと、特に男の子の場合、第二次性徴期に弊害が出てくるんじゃないかと思っています。
女の子の場合、母親との関係って重要かなと思うのですが・・・。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2010.09/03 08:40分 
  • [編集]

いえいえ、それは 

こちらでは当たり前のことです。 男女平等、父親の育児全面参加の国では。 それで文句を言うようなら親の権利剥奪のごとく批判を受けます。 でも、無理してでも子供の世話をするのは父親にとっても大切なことだと実感しますよ。 男親と子供の絆が強くなるので。 (ゆえに、うちのはパパっ子なのね・・・)
  • posted by Chaky 
  • URL 
  • 2010.09/03 07:28分 
  • [編集]

鯨もん。さんへ 

> 夫婦のあり方はそれぞれですな~ そんな鬼嫁でも、一緒にいれるんだぁ~
> 独身の鯨もん。には、ようわからん世界ですな。。
******************
ロシア女は一般的に、女らしさを強調することに長けています。
お化粧とか、体を露出する服装や折れそうなくらいのヒールとかね。

あとねぇ・・・。
これは、オジーが結婚前に友人たちに語っていたことなんですが・・・。
彼女たち、(結婚までは)男性の要求をとことん受け入れるのだとか・・・。そんなわけで、女性らしい女性に恵まれていない某国男性が虜になるそうです。

そんな女性が、結婚後に大豹変して後悔するという例が、オジーとアンナですがな。
ちなみに、オジーはロシア女性を求めて、ロシア女性×某国語圏男性専用サイトを彷徨い、ロシアまで女探しに出かけていたので、片手では数え切れない数のロシア女性を経験したらしいです。
これも、本人が武勇伝として語ってました。救いようのない馬鹿ですなあ。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2010.09/01 07:19分 
  • [編集]

ほぇ~(る) 

v-22日本時間でこんばんは。
ほぇ~(る) ←もちろんクジラとかけてます(^^)v
夫婦のあり方はそれぞれですな~ そんな鬼嫁でも、一緒にいれるんだぁ~
独身の鯨もん。には、ようわからん世界ですな。。
  • posted by 鯨もん。 
  • URL 
  • 2010.08/31 14:47分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。