月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃袋 v.s. 食い意地 のバトル

さてさて、そろそろ重い腰を上げて、インド関係のことを書かんといかんわねぇ。
えっとねぇ、一応、写真もアップし始めたんだけど、amyさんからお問い合わせがあった「食べ物」関係のことから書くことにするわね~。(物忘れが酷い昨今、決めたことは、即行動に移さんと、忘れてまうのよ~)
これは、ほとんど、お写真、ござゃ~ませんの。


シェイクは、会社勤めだったころに、海外に仕事(時々プライベートも・・・)で赴く社員たちの健康相談やらする役割があったんだわね。
で、皆から体験談を聞く限りだと、「ホテルの外で(=多分、街中のその辺の飯屋)食事をした人は、必ず胃腸症状で苦しむ。ホテル内のみで食事を済ませた人は、胃腸症状が現れないか、比較的軽く済む」ってことに気がついたらしいんだわなも。

お腹の弱いらくだを連れての旅っちゅうことで、旅行のアレンジを頼むときに、「朝食&夕食をホテルで」と指定したんだわ。
お昼ごはんは・・・っちゅうと、某国から、クラッカーやサラミソーセージ(肉屋で一食分ずつ真空包装にしてまったのよ)を持っていったし、朝食で出されたバナナやゆで卵なんかも食べたりして、しのいだわけ。
これは、某国人との団体旅行なんかでも、昼食がついとらんプランだと、某国人がよく使う手で、昼食に時間とお金を掛けてレストランへ行くってのは、あまり一般的じゃにゃ~らしいのね。


そんなわけで、ホテルの食事がほとんどだったらくだ。

ほとんどのホテルは、某国や隣国(グルメの国)からの団体ツアーが利用する大型ホテルで、朝食も夕食もビュッフェ形式だったわけ。
朝食は、欧米風ビュッフェに申し訳程度にインド風が2~3品ほどっちゅうのが普通で、特に問題なし。
問題は夕食。

ビュッフェスタイルって、出てくる食事も似通っとるし、パリッとしたタンドリ・チキンやら、そういう気の利いたもんは、期待できんのよね。
大体が、豆の煮込み(ダール)やら、野菜のスパイス煮込み、肉も骨付きで煮込んであって、肉自体の味はゼロ。
お米は長粒種だけど、炊いてから長時間保存されるで、ベトッとしとるし、ナンも焼きたてじゃにゃ~もんで、パサパサ。
インド料理のレシピをご存知の方ならわかってくだれる(下さる)と思うけど、もともと凄い量のオイルやギー(バターをもっと濃厚にした油脂)を使うもんで、時間がたつと、野菜から油がにじみ出てくるんだよねぇ。

最初のうちは、

本場のインド料理~~♪♪

なんて、心をときめかせて、ガツガツ食べたがね~。

でもねぇ、胃袋が反乱を起こして、らくだの食い意地(=脳)に対して、逆襲にでたわけ~。
胃部膨満感っちゅうのかしら、絶えず胃が膨張しとるような感覚が、3日目(初日は機内食が夕食だったで、実際にはインド飯2日目)くらいから顕著に現れたのね。
でも、脳が反撃して、「食べなきゃ・・・」って信号を送るもんだで、無理して食べ続けたんだわ。
そしたら、5日目の夜(インド飯4日目)にとうとう、胃腸が大逆襲に出たわけだわなも。


翌日は、過敏になった胃腸を刺激せぬように、水分すら摂取できん状態。

それ以降は、脂分と繊維質が少ないお米、パンにスープっちゅう粗食が中心でカレーには手をつけんかったのよ。

最後から2番目と最後のホテルは、アラカルトで食事・デザートを注文して、飲み物代以外は旅行会社が払うって形式だったもんで、食い意地(=脳)が優勢に立ったらしく、ピラフやらタンドリ料理やらを頼みましたです。

っつってもね、野菜カレーやパコラ(天ぷらみたいなの)をサラダ代わりに食べたり、無茶したんだけど・・・。

一番のヒットは、豆腐みてゃ~な見た目のコテージチーズをタンドリオーブンで焼いた料理。
あのね、ホテルのルーフトップで食べたもんで、真っ暗でお写真なしです。


。。。と、写真を整理したら、たったいちみゃ~(一枚)だけ、出てきたわ~。


lunch in jaipur


これは、たった一度だけ、バナナの毎日に飽きたらくだの一声で食べたランチ。
シェイクが頼んだラジャスタン定食。
なかなかボリュームもあり、お値段も手ごろだったんだけど、辛くてねぇ。

ちなみに、冒険苦手ならくだが頼んだのは、バターチキン。
「これなら辛くにゃ~」と自信を持って頼んだんだけど、どぇりゃ~(すごい)油分が多くて・・・。

で、この昼ごはんのあと、観光を続けてから、ガイドさんに頼み込んでシェイクが連れてってまったのが、このお写真のお店。


english wine shop


お酒屋さん。
どうやら、インドでは飲酒ってのは、それほど一般的じゃにゃ~らしくって、許可された店(あまりあちこちににゃ~のよね)で購入せねばならぬらしいの。
運転手さんもガイドさんも、自らは飲酒せんらしいもんで、フラフラと車を走らせて、やっと見つけた先で購入したのは、ビール。
ホテルで夕食時に頼むと、1本5ドル程度!!!
酒屋で買うと、4本で5ドル。

ビールの国からやってきたシェイクには、1本5ドルなんて屈辱的な値段でビールを飲むことはできんようで、「纏め買いして、スーツケースに入れといて、ホテルに着いたらミニバーで冷やし、寝る前に飲む」っちゅう貧乏臭いことをやったんだわねぇ。

このお店では、らくだもシェイクもモテモテで、オヤジがシェイクに、
「おい、にいちゃん、タバコ吸えよ」と1本くれたり、
別のオヤジがチャイ売りからチャイを買って、らくだにご馳走してくれたり、
何となく、観光業で荒稼ぎしとらん、普通の人との交流を楽しんだひと時でもありました。


しかし・・・・。

胃腸の大逆襲にあったのは、この日の夜から・・・。
まさか、石橋を叩いたはずのバターチキンに完敗だったのか、それとも、オヤジのチャイだったのか???

まあ、済んだことだでね。
気にせんほうがええわねぇ。

amyさ~ん、こんな程度で申し訳にゃ~けど、許してちょ~ね。
スポンサーサイト

*Comment

鯨もん。さんへ 

うん、胃腸症状は「つき物」みたいですね。
ナイルの賜物のお国でも、そうらしいですが・・・。

> ・・ってか、日本でも高級品食べると壊しますけど(笑)
> (お腹も貧乏性:苦笑)
*********
お、ということは、インド、いいですよ~。
高級そうなものなんて、ありませんから。
でも、海外旅行に慣れていない人が行く国ではないのかもしれません。
いや、そういう人のほうが、全てを受け入れることができるのかも。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2010.09/29 07:20分 
  • [編集]

やっぱり・・ 

v-22日本時間でこんばんは。
やはり・・お腹が・・ ですか!?
鯨もん。もお腹は弱いので、インドは無理ですな~
・・ってか、日本でも高級品食べると壊しますけど(笑)
(お腹も貧乏性:苦笑)
  • posted by 鯨もん。 
  • URL 
  • 2010.09/28 13:43分 
  • [編集]

エミリアさんへ 

エミリアさん、いらっしゃいませ。

私、若い頃には興味のなかった国々に、夫に引き連れられてを引き連れて、出かけていきます。
といっても、もともと、小心者で胃腸が弱いので、バックパッカーのように旅行することは不可能です~。

  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2010.09/27 21:20分 
  • [編集]

pharyさんへ 

> <街中のその辺の飯屋で食事をした人は、必ず胃腸症状で苦しむ>
> 街中のその辺の飯屋で食べたい私としてはちと気になる現象です。でも本当はそういうところのほうがおいしいという話なんですけどね。
*********
ホテルでも、アラカルトで注文できるホテルは、大変おいしく頂きました。
街中は、「当たり外れ」がありますが、日本語のガイドブックよりも、某国語のガイドブックのほうが、味覚は信頼できるかも・・・です。(日本のガイドブックって、読者投稿とかあって、投稿者の味覚と自分の味覚が違うと、大はずれする可能性が大ですもの。)

>らくださん、筋肉だけでなくおなかのトレーニングもしてはいかがですか?問題はどうやってってことですが、、、。
***************
お腹のトレーニング、インドで子供時代を過ごしたら、免疫が出来ていたのでしょうが、大人になってからでは、バクテリアとかに対する免疫が育たないと思うので、無理かもしれません。
脂っこいものや辛いものは、10年前に比べて、格段に弱くなりました。アルコールだけは、少し鍛えられたのですが・・・。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2010.09/27 18:14分 
  • [編集]

amyさんへ 

旅の楽しみは、「食(欲)」にありだもんね。
それに、書くと決めたら、すぐに書かんと忘れるんだわ、このごろ。

> そうかん、脂っこいだかん。
*****************
インド料理って、某国で出回るレシピを見る限りでは、油っちゅうか、ギーがたっぷりだで、お腹にくるんだよねぇ。

> 日本で食べるインド料理は本当のインド料理じゃないだねぇ~。
****************
少なくとも、われわれが食べたツーリストホテルのインド料理とは違って、もっと日本人にも食べやすい料理だよね、日本のインド料理は。ちなみに、名古屋のOいこく屋ってのが、私のお気に入りだけど・・・。

> アルコホルの話は全く知らんかった。。。インド人もあんまり飲まんだね。
> 万が一行く事になったら胃の消毒もかねてシュナップス持って行かんといかんね。
****************
えっとね、私、シュナップスを持ってったのよ。夫もラムを一瓶ね。
でも、消毒が効かなかったっちゅうか、よけいに酷くなったの。
胃がやられとる時には、あまり強いアルコールはダメかも。

> う~ん、、、インド、いつか行く事になるかなぁ~???
***********
インド、百聞は一見にしかずだで、一度はどうぞ~。
おみゃさまなら、気に入るかもしれんがね??
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2010.09/27 18:08分 
  • [編集]

カレーの国 

東南アジアやインドを旅したいと思いながらも、バックパッカーの根性がなく、飲料水や食べ物には真っ先にやられそうな私は、沢木耕太郎や藤原新也の旅行記を読んで、現地に行った気分に浸ってます。インドのカレーって日本のスープカレーのようなさらっとしたものを想像していたので、油ギトギトには仰天でありま~す。
  • posted by エミリア 
  • URL 
  • 2010.09/27 17:46分 
  • [編集]

No title 

<胃腸の大逆襲>
読んだだけで「こりゃ大変!」感が漂う言葉ではないですか。かの暑いお国で大丈夫でしたか?
<街中のその辺の飯屋で食事をした人は、必ず胃腸症状で苦しむ>
街中のその辺の飯屋で食べたい私としてはちと気になる現象です。でも本当はそういうところのほうがおいしいという話なんですけどね。らくださん、筋肉だけでなくおなかのトレーニングもしてはいかがですか?問題はどうやってってことですが、、、。
  • posted by phary 
  • URL 
  • 2010.09/26 23:10分 
  • [編集]

んまぁ~!!! 

らくださん、わざわざワタシの興味のために悪いねぇ~。
まぁインドっちゅうのは凄いところだって聞いとったけども何ていうか。。。
ワタシもお腹弱いでねぇ、インドは絶対ダメだわ。
そうかん、脂っこいだかん。
日本で食べるインド料理は本当のインド料理じゃないだねぇ~。

アルコホルの話は全く知らんかった。。。インド人もあんまり飲まんだね。
万が一行く事になったら胃の消毒もかねてシュナップス持って行かんといかんね。
う~ん、、、インド、いつか行く事になるかなぁ~???
  • posted by amy 
  • URL 
  • 2010.09/26 17:42分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。