月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お人よし男と厚かましい女

あれま、今日から2月なんだねぇ。
何だか、年末から暇だな~なんてダラダラ過ごしとったら、あっという間に2月。
ってことは、そろそろ豆まき(うちじゃ、掃除するのが嫌だでやらんけどね)と恵方巻きの季節だねぇ。

そういえば、1月には、人口7000人弱のド田舎オアシス村で大事件があったんだったわよね。何でも、犯人は捕まっとらんのだとか・・・。
まあ、本当に物騒な世の中になったわよね。

らくだが子供の頃から憧れとったスウェーデンにお住まいのChakyさんのブログでも、人の親切心をあだにするような手口の盗難事件について書かれとったけど、らくだの身近でも起こったんだわね。
まあ、らくだの身近の人は、どう考えても、居眠りしとったとか、自分に原因があったんだと思うけどね。


被害者:義父



病気の継父(母親の再婚相手。実父は戦没)を見舞いに、一人で在来線を乗りついで、隣国・グルメの国との国境近くまで出かけた帰りの出来事。
なぜ、そんな遠くまで在来線かっちゅうとね、砂漠市中央駅から、目的地まで、在来線なら往復14ユーロだったかで行けるから。時間は、延々と掛かるけど、年金生活に入ったばかりの義父にゃ、ありがてゃ~お値段だわよね。えっと、暇はもてあますくりゃ~あるわけで・・・。

継父が家族へのお小遣いとして、手渡した500ユーロの現金。
継父が住む妹夫婦宅からの手土産(って、スーパーのチョコだけど)。
義父が趣味で聴講する大学講義関連の本が数冊。
そして、クリスマスに義母からプレゼントされたばかりのプリペイド携帯電話(一応、カメラやビデオはついとるけど、完全に時代遅れのモデル→らくだとシェイクは、電話とSMS以外の機能が一切ついとらんモデル=もっと時代遅れ)。

これだけを、小さなカバンに入れて、義父はビールを飲みながら居眠り。

途中で電車を乗り換えて、本でも読もうかなと思ったら、カバンがないことに気がついた。
(乗り換える時点で、カバンの存在は既に忘却の彼方だったのね。)

一応、車掌さんに、前に乗っとった電車に忘れてなかったかを尋ねたもらったらしいけど、見つからんかったわけ。


で、数日してから、義母に「いい加減、警察に届けろ」と煩くせっつかれた義父。

「警察に届ける前に、自分の携帯に電話を掛けてみる。
 きっと、拾ってくれた人が持ち主を探しているはずだ。」

と、電話を掛けてみたそうな。
数日後まで放置してあったっちゅうのも、驚きなんだけど・・・。


すると、電話に出たのは、若者。

いきなり、「俺は盗んじゃいない。」とだけ言って、電話を切ったらしいの。

それで、しばらくしてもう一度電話をしてみたら、今度は大人の声。

「犯罪を繰り返す(通常の学校で教育困難な)少年の更生施設」の教育担当者だとか。
授業中に携帯が鳴ったもんで、少年から携帯電話を取り上げたらしいんだわね。

ほんで、生徒に問いただしたら、「盗んだのは自分じゃなくて、一緒にいた、別の奴。現金は、そいつが使った。」って白状したっちゅうのね。どこまで本当なんだか、微妙だけど・・・。

まあ、この更生施設の施設長にも頼まれ、義父も、とんでもにゃ~お人よしだもんで、警察には被害届を出さんってことで、話をまとめたらしいのね。「この期間にドラッグ売買などの犯罪に使われとったら」って考えると、普通は被害届だけでも出しておくんじゃにゃ~かと思うけど
携帯に関しては、当然、あちらが責任持って送り返すってことで。

義父によれば
「未来ある少年を前科モノにしちゃ~いかんでね。」
(オイオイ、すでに前科があるで、更生施設におるんだよ・・・)


しばらくして携帯電話が届いたのね。
(っつっても、住所が違っとったもんで、回りまわって、何故だかシェイクの職場に届いたらしい。こういうときに、この地区でたった一家族だけっちゅう、マイナーな苗字が役に立つわなも。)

プリペイドの携帯は当然ながら、残高がゼロに近い状態。
おまけに、義父の携帯のビデオ機能(本人は使ったことないはず)に保存されとった画像ってのが、仲間をボコボコにリンチする映像。
これを見た義父、義母が止めるのも聞かず、再び教育施設の施設長に電話。


義父「未来ある若者が、こんな様子をビデオに撮影するなんて。」

施設長「まあ、ここにいる少年たちなんて、皆そんなものですよ。不快でしょうから、どうぞ削除してください。」

義父「そんなことじゃ、マトモな大人になれない。
   私が、そちらまで出向いて、少年たちと話をしましょう。」

施設長「今、この施設にいる少年のなかで、2人でも更生して、全うな道を歩いてくれれば、それで教育者としては大成功だとみなしています。これが、ここの現実ですよ。わざわざ来るなんて、時間の無駄です。それに、これを撮影した本人、そこまで複雑な某国語は理解できませんよ。」


この話を義母から電話で聞かされたらくだ。
義父のあまりにも世間知らずでお人よしな様子に、呆れかえってまったがね。

赤の他人には、こうやって異常なる理解を示そうとする義父。

息子の妻であるらくだのことは、社会・家族の一員として迎えるなどという発想がないんだよね。
本人が気がつかぬうちに、まるで「うちの財産を狙ってシェイクをたぶらかした、アジアの鬼嫁」だと言いたげな発言をしとる。
悪いが、お宅の財産を狙うのと、オアシス村の郵便局強盗は、らくだにとっては同じくりゃ~無意味だってことを、おみゃ~さんのボンヤリした息子(=シェイク)ですら理解しとるよ。ほら、「アジアの鬼嫁」って部分は、否定しようのにゃ~事実だけど・・・。


ちなみに、なぜらくだが義母と電話したのか??

義母、昨日で59歳になったのね~。
(わっけぇ~よなあ。うちのオカンなんて、72歳だもんねぇ)

鬼嫁として、一応の義務を果たさないかんで、電話しときました。
ちなみに、彼女がシェイクを生んだのは、19歳のとき。
「遊びたい盛りだったろうに、気の毒だよねぇ。」と、この点だけは理解を示すらくだ。
できれば、もうちょこっと家事(とくにお片づけと掃除=らくだが特に苦手な家事)を仕込んでちょ~すと、助かったけど・・・。


注目のプレゼントなんだけどね、食洗機の援助をしたんだし、今年はなしだよね~と思っとったら、ちゃっかり「OO劇場のチケットが欲しい」とせがまれた。
シェイクが買いに出かけてくれたけど、気がついたら、らくだも出資する羽目になったのよね。
弟たちには、新山市にある鉄板焼きレストランのお食事券をねだったそうな。

またしても、

「してやられた~!!」

スポンサーサイト

*Comment

Rottenmeierさんへ 

> 心温まる(はず)のおはなしです。
************
私は、結局「他人」なので、専門家ぶって冷静に分析しちゃってます。
でも、義父はやっぱり悪い人ではないんでしょうね。

>お姑さん、お若いですね。こりゃー長期戦か。一緒に住んでいないだけでも良かったと思うしかないのか?かげながらご検討お祈りしてますよ。
***********
どきっ!! 
長期戦だなんて・・・不吉なことを。
近い将来も、遠い将来も、義父母とは一緒に住めないと、思っています。
某国で義理両親と同居なさっている大和撫子、苦労していますもの。
何が何でも、同居はいたしませ~ん。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2011.02/03 15:50分 
  • [編集]

 

いやースイスにはそんなに純粋なご年配の方がいらっしゃる。心温まる(はず)のおはなしです。お姑さん、お若いですね。こりゃー長期戦か。一緒に住んでいないだけでも良かったと思うしかないのか?かげながらご検討お祈りしてますよ。
  • posted by Rottenmeier 
  • URL 
  • 2011.02/02 16:31分 
  • [編集]

ロイワンさんへ 

義母のこと、ホント、ムカつくんだけど、あのお人よしの義父と40年も連れ添っていたら、ちゃっかりせざるを得なかったんだろうなと、時々思います。

> お義父さま・・・なかなか微妙な。
> それだけ他人には温かい(?)心で臨めるのに
> 息子の嫁に対してその感覚とは・・・。
*******
多分ね、鯨もん。さんへのお返事も書いたけど、「上から目線」で物を考えているんだろうなと思うのです。
他人に温かい態度を取るのも、「俺は、お前より恵まれた状況だぞ。」って考えが、根底にあるんじゃないかな。アジアも、豊かな欧州から見たら、「貧しい」と思うのでしょう。
本当は、そういう優越感を持つことのほうが、悲しいのだけど・・・。

> お義父さま、もし実際その更生施設の学生と話をして
**********
多分、話をする前に、怖いお兄ちゃんたちにボコボコにされるんじゃないかなと思います。
そんなわけで、なにごともなく、家でおとなしくしていてくれるので、家族としては助かります。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2011.02/02 16:14分 
  • [編集]

そ、それは・・・ 

またしてもしてやられましたなぁ~!
お義母さま、そんなに若くして結婚して母親になって
しまったのなら、ちゃっかりしているキャラクターも
なんとなくわかるような気もする・・・(苦笑)
お義父さま・・・なかなか微妙な。
それだけ他人には温かい(?)心で臨めるのに
息子の嫁に対してその感覚とは・・・。
(結構腹立っちゃうんですけど)
私の叔父に牧師がいて、”隣人を愛せよ~”なんて
慈愛ぶってるわりに自分の母親の面倒はみないってのが
いますが、世の中理想を口にしながら自分の身内には
実行できない人ってのがいるもんですねぇ。
お義父さま、もし実際その更生施設の学生と話をして
自分の思い通りの展開にならなかったらどうするんでしょうねぇ?
(ちょっと見てみたかったかも←悪魔)
現実は理想どおりにはいかないものですもんねぇ。
  • posted by ロイワン 
  • URL 
  • 2011.02/02 14:50分 
  • [編集]

Chakyさんへ 

> 電車での盗難事件ですが・・・らくださんのお義父様には、負けます! でも、らくださん、義母様には勝ってください。
**********
どうやったら、義父のような「おめでたい」人が出来上がったのか、不思議なのです。
義母にも、勝ちそうにないです。ほら、どちらも「自分が一般人の基準から大幅に外れている」という自覚が全くないものですから・・・。
逆に、こんなおめでたい義父と40年も結婚していたら、義母みたいにちゃっかりしていないと、生き残れませんよね。

> (でも、そのような人が身内にいると、大変なんだよね・・・)
***********
実は、そんな人間が、もう1人、身内におりまして・・・。
うちの義弟その1ったら、義父とそっくりなのです。その上、義父のように努力家でないものですから、どうも危なっかしい日々です。まあ、義弟自身は、とってもシアワセそうなんですけど。
そして、義母そっくりなのが、義弟その2。
まあ、「結婚は夫の家族ではなく、夫個人としたものだ」と割り切るのが一番です。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2011.02/02 13:38分 
  • [編集]

時を同じくして起こった 

電車での盗難事件ですが・・・らくださんのお義父様には、負けます! でも、らくださん、義母様には勝ってください。
お義父様と施設長の会話に、理想と現実社会がはっきりと表れていますね~。 お義父様はシアワセな(性格の)方ですね。 (でも、そのような人が身内にいると、大変なんだよね・・・)
  • posted by Chaky 
  • URL 
  • 2011.02/01 21:20分 
  • [編集]

amyさんへ 

> オバサンは何処でもあつかましいわねぇ~。
***********
本人、「オバサン」って自覚がないでいかんがね?
いつまでも若々しい母(←20年前まではそうだった)のつもりだでねぇ。爆


> しかしお義父さま、面白い人だね。
> ↑ごめん、何だか適当なコメントが見つからないほど珍種だった。
***********
「珍種」って表現、いいわぁ。気に入った。

> らくださん、大変だね。。。
*********
大変なのかなあ。
もしかして、そんなもんって、受け入れちゃったら、腹が立たなくなるのかな。
「珍種」と「あつかましいオバサン」だもんねぇ。こりゃ、いいわ~。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2011.02/01 20:28分 
  • [編集]

鯨もん。さんへ 

うんうん、本当はうちの義父、いい人だよねぇ。

でも、らくだの目には、「上から目線」で、「世の中のルールを知らない若者たちに、何が正しいかを教えてやる」という感じで、理想を押し付けているだけって気もするの。
だから、らくだのことも「財産目当ての、貧乏なアジア嫁」って思うんじゃないかな。
稼ぎが悪かったシェイクと同居してから、ずっと私財を犠牲にして家計の一部を担って、夫名義の貯金を増やすように仕向けたのは、らくだなんだけど・・・。

> 反対にお義父さまを説得する施設職員の方に腹立ちますわ~
> あなたがそう思っててどうすんの!?って・・・
*******
更生施設の職員も、仕事を始めたときには、理想に燃えていたんだと思います。
でも、現実は厳しい。
らくだの学友でも、こっちの方面に進む人もいたけど、どこかで割り切らないと自分が病気になってしまう職業なんだと思います。本当は、すごく悲しいよね、こういう現実。
らくだも一応、こういうのも専門分野なので、すごく心が痛むんだよね。

> お義母さまについては、ノーコメント(笑)
*********
ぶははは。うちのオカンに文句言ったら、開いた口がふさがらんって言われたわ。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2011.02/01 20:24分 
  • [編集]

maiさんへ 

> お義父さまの性善説的発想は、古き良き時代の方ならでは、だなぁと(爆w
********
義父は、継父に虐げられて、つらい子供時代を過ごしたことが原因か、夢見がちな理想主義者になってしまったのです。この義父とやってこられるのは、ちゃっかりしている義母だからかもしれません。

> それよりも、お義母さまからのらくださんやシェイクさんへのプレゼントはどうなんでしょうか?
********
年金生活に入った去年から、プレゼントの予算は「夫婦(あるいはカップル)単位」となりましたが、一応、プレゼントはあります。大体は、夫と私の分をまとめて、現金が渡されていました。(二人の誕生日が近いので)
去年は、夫の予算がオーバーしたためか、私には、安っぽく不細工なキャンドル立てのみ。
誰かからのもらい物で、自分の趣味に合わなかったのだと思います。

クリスマスは、映画の入場券&ポップコーン&コーラの引換券を夫婦にくれました。ちなみに、私が義母に贈ったのも、同じ映画館の金券。お互いに苦笑いでした。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2011.02/01 19:24分 
  • [編集]

 

オバサンは何処でもあつかましいわねぇ~。
うちの姑もかく言う。。。あ、また悪口が暴走しそうだわ。

しかしお義父さま、面白い人だね。
↑ごめん、何だか適当なコメントが見つからないほど珍種だった。
らくださん、大変だね。。。
  • posted by amy 
  • URL 
  • 2011.02/01 15:45分 
  • [編集]

へぇ~ 

v-22日本時間でこんばんは。
お義父さま、良い人ではないですか~
更生施設に出向いて話までしてあげようとするなんて!!
金八先生みたいですやんっ!
反対にお義父さまを説得する施設職員の方に腹立ちますわ~
あなたがそう思っててどうすんの!?って・・・
お義母さまについては、ノーコメント(笑)
  • posted by 鯨もん。 
  • URL 
  • 2011.02/01 14:50分 
  • [編集]

一つ疑問が。 

お義父さまの性善説的発想は、古き良き時代の方ならでは、だなぁと(爆w
それよりも、お義母さまからのらくださんやシェイクさんへのプレゼントはどうなんでしょうか?
因みに拙宅では、義母の鶴の一声「プレゼントなんてお金の無駄!」で、子供が成人したと同時に無くなりました...なので、お誕生日に呼ばれると花です。義母からは、カードのみ(~_~;)←嫁には。
  • posted by mai 
  • URL 
  • 2011.02/01 11:52分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。