月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅は宿選びから

チョコレート王国から戻って来て、仕事やら他の遊ぶ用事なんかが目白押しで、ブログを放置状態。
これじゃ、ブロガー失格だわね・・・ってことで、重い腰を持ち上げようとしてみたけど、今度はカメラが見つからん。
ってわけで、今まで放置してまったわ。


旅の印象を位置づける要素って、いろいろあるわなも。
天気・人々の様子・町の様子などなど・・・。
らくだは、ホテル選びってぇのも、重要な要素だと思っとるのね。
勿論、豪華なホテルに泊まれれば、そんなええことはにゃ~けども、うちはケチケチ亭主を連れとるもんで、1泊朝食付き100ユーロ以上のホテルは、基本的には許されんの。えっとぉ、駐車料金が発生する場合は、これを含めても100ユーロ以内ってことね。
特に、今回の旅行は、紅海沿いバカンスの代わりだったくりゃ~だで、

「ガソリン代・外食や観光地の入場料を含めて、エジプト旅行の予算を下回ること」

がらくだに与えられたホテルの予算。
某国から紅海沿いバカンスに行くと、ホテルの内容にもよるけど、三食おやつ・飲み物込み(宿泊費と飛行機もセットね)で、800~900ユーロも出せば、そこそこのホテルで10日くりゃ~遊べるよねぇ。
ここから計算すると、ホテル一泊駐車料金も入れて90ユーロ以内ってのが、らくだに与えられた予算。

いろいろなサイトで比較しながら、なるべく顧客評価が高くて、値段がお得、場所が便利なホテルを検索。


luettich hotel

リエージュのホテルは、朝食なし。
70ユーロだったっけ。タダでホテル前に路駐できたし、部屋はクラシカルだけど、テレビもバスタブもあり、満足。町の中心から徒歩15~20分だから、ちょっと不便だったけど。


leuven hotel

ルーヴェンっちゅう大学町は、町の真ん中のホテル。
朝食込みで80ユーロ。
何と、スイートルームのようにデカイ部屋で、バスタブもあった。
駐車事情が悪く、一般駐車場で24時間12ユーロ。
大学生が明け方まで騒いどって、煩くて眠れんかったっちゅう欠点。
某国なら、すぐに警察が呼ばれるけどねぇ。国境またぐと違うもんだわね。

らくだの提案で、物価のたっきゃ~(高い)ブリュッセルを避けて、ここから電車でブリュッセル通いしたんだわね。電車での移動も面白かったわなも。
(ブリュッセルで同じ予算のホテルは、「治安が思いっきり悪い」と注意書きのあった付近だったもんで、キャンセルしたんだわ~。)


brugge hotel

有名な観光地ブルージュのホテル、運河沿いでお洒落なレンガ造りだったのに、外観の写真を撮り忘れたんだわ~。
「町の中心部からすぐだけど、中心部ではにゃ~」ってのも、静かで良かったわねえ。
中はクラシカル(っちゅうか、古臭い)し、シャワー&トイレと部屋の境界は扉じゃなくってねぇ、アコーデオンドアっちゅうの? 用を達した後などは、あまりうれしくにゃ~わよね。
でも、ここは素晴らしい朝食ビュッフェと駐車場代をいれて、75ユーロ。


de haan hotel

海を見てゃ~っちゅうシェイクの希望で、北海沿いのリゾート地 De Haanに。
ここは、行ってから気がついたんだけど、都市部の金持ちが週末を過ごしに来るリゾート地らしく、我々のホテルみてゃ~(みたい)な優雅なビラだらけ。
駐車場は路駐(タダ!)で、朝食込みで80ユーロ。
お部屋も風呂も、すご~く手入れが行き届いとって、らくだの一押し。
そうそう、ホテルのオーナーだと思われるオジサンは、元船乗り。
1971年に1ヶ月間、日本にいたっちゅうことで、片言の日本語を未だに話す。
(記憶力、いいがね??)


antwerpen hotel

最後に泊まったアントワープ。
駅前のビジネスホテルで、どうやら某国のホテルチェーンらしい。
立地条件から、駐車料金はどぇりゃ~高い(1日15ユーロ)だし、朝食抜きだったけど、大都会で一晩70ユーロはありがてゃ~。
見た目はお洒落っぽいんだけど、お掃除はいい加減だなあって印象。
えっとね、床のちっちゃなゴミとか、気になったのね。
まあ、そんなのは我が家におったら、当たり前だと思うんだけど・・・。
(うちの職場のお掃除オバちゃん、丁寧にやってくれてるんだなって、改めて思いましたです。態度はでっきゃ~けど。)
実は、ここでうれしいハプニング。
チェックアウト時に2泊したのに、駐車料金は1日分しか請求されず、そのまま踏み倒して帰ってきてまったわよ。


ところで、朝食がない場合、どうするのか?

うちは、車での旅行だと、湯沸しポットやら全粒粉パンやら持参で旅行に行くもんで、部屋で簡単に朝食を取るんだわね。(えっと、飛行機でもアジア方面に行くと、とりあえずの食料と湯沸しポット持参だけど・・・)

で、そのほか、夕食か昼食のどっちかは、持参のパンとソーセージ(肉屋で一食分ずつ真空包装してまう)やらトマト、きゅうりなんかで、簡単に済ませることにしとるのよ。食材は足りんようなら、道中のスーパーで買い足すけどね。
何だか、どぇりゃ~びんぼうくっしゃ~(貧乏臭い)けども、ホテル代をケチって、旅の印象が悪くなるのは避けてゃ~もんで、らくだも妥協を覚えたわけ。
(いや、二人で90ユーロ以内っちゅう予算も、物価がたっきゃ~欧州じゃ、かなり厳しいけどね。)



ところで、こうやってホテルを手配してみると思うけど、日本のビジネスホテルって、部屋&ベッドがちっちゃいこと以外は、優秀だよねぇ。
コストパフォーマンスも清潔さも、欧州の同価格のホテルとは比べもんにならんがね。
必ずちっちゃくてもバスタブ付きだしねぇ。

そんなわけで、まずは旅の宿から書いてみたけども・・・。
次の更新、いつになるやら・・・。
気長に待っとってちょ~ね。
スポンサーサイト

*Comment

ロイワンさんへ 

ブリュッセルに泊まると、ナイトライフが楽しめるのでしょうが、近郊の街というのも、なかなかいいものです。鉄道網が発達している国ならではですよね。

> アントワープのベッドのヘッドボードが笑える~
*********
一応、アートホテル・・・ってのがウリだそうです。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2011.03/14 11:00分 
  • [編集]

お宿 

いつもながらにらくださん、お宿探しがうまい!
ブリュッセルはルーアンに泊まって通うという手もあるんだ。ブリュッセル、ほんと高いもんねぇ。
いっつも勉強になりますわ~♪
アントワープのベッドのヘッドボードが笑える~
  • posted by ロイワン 
  • URL 
  • 2011.03/13 02:31分 
  • [編集]

amyさんへ 

実は、面倒くさかったから、「安いホテルがなかった」とかいって、予算オーバーのホテルばっかり探そうとも思ったんだけど、そうすると外食がマックばっかになるでねぇ。爆

> いつもブリュッセルで泊まるホテルは超高くて朝食抜きだし、、、
> 朝食も高いだにぃぃ~っ。
**********
そうそう、高いホテルって「朝食別」だったりして、おまけにその朝食が高いんだよねえ。
姉夫婦が泊まるパリのホテルなんて、朝食が50ユーロくらいしたはず。
朝っぱらから、シャンパンやらローストビーフなんていらんのにねぇ。

> そーいえばエジプト、チュニジア方面が激安だって今日ラジオで言っとたわ。
> ★★★★クラスで10日間300ユーロ台だって。
> 専門家も「買い」って。
> そういうの専門にしてでかける人も世の中にはおるだねぇ。
> 「今行くと地元の人も非常に喜んでくれます」っていっとった。
> そういわれても行けんな。
***********
それ、行きたい~~!!
っていうか、どこでもいいから、暖かくてノンビリ出来るとこに逃亡したい。
あ、ここも暖かくなったんだけどね。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2011.03/09 21:09分 
  • [編集]

Kisaさんへ 

ただいま~!!

チョコレート王国、本当に建物が素晴らしかったです。
シーズンオフだったためか、予算が抑えられましたが、多分、春~秋にかけては予算オーバーしたんじゃないかと思います。最近は、ネットであれこれと検索できるので、便利ですよね。

> ヨーロッパのビジネスホテルと日本のを比べると、日本の方が断然優秀。でも、ヨーロッパの個人経営の小さなホテルにも、いろいろ良さがありますよね。
********
私も、欧州の小さなホテルって好きです。
日本で言う民宿の類のような、少し不便だけど、その分、暖かさがあるというか・・・。
高級ホテルチェーンにはない良さがありますよね。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2011.03/09 21:03分 
  • [編集]

 

うぷぷ、らくださん偉いねぇ~。
ちゃんと色々検索してホテル探したんだね。
ちょっとぐらい安ければTVは薄くなくても朝食ついでなくてもいいよね。
この間パスタ国で泊まったホテルは薄型テレビがあったけど点かんかったよ。
いつもブリュッセルで泊まるホテルは超高くて朝食抜きだし、、、
朝食も高いだにぃぃ~っ。
まぁその辺で買い食いするからいいけども。。。

そーいえばエジプト、チュニジア方面が激安だって今日ラジオで言っとたわ。
★★★★クラスで10日間300ユーロ台だって。
専門家も「買い」って。
そういうの専門にしてでかける人も世の中にはおるだねぇ。
「今行くと地元の人も非常に喜んでくれます」っていっとった。
そういわれても行けんな。
  • posted by amy 
  • URL 
  • 2011.03/09 15:49分 
  • [編集]

 

らくださん、おかえりなさ~い!
素敵なお宿に泊まられたようで、うらやましいです。
チョコレート王国方面、やっぱりお洒落ですね、建物も素敵ですわあ♪これでそれぞれ予算クリアとは、お目が高い!
ヨーロッパのビジネスホテルと日本のを比べると、日本の方が断然優秀。でも、ヨーロッパの個人経営の小さなホテルにも、いろいろ良さがありますよね。
  • posted by Kisa 
  • URL 
  • 2011.03/09 03:06分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。