月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きとるがね!!

オカン滞在中。
なんだけど、仕事もちょこちょこ入っとるもんで、特に何もしとらんのよね。

昨日は、地元の某国&日本交友団体の月例会に久しぶりに参加。
日本人は、基本的にらくだのみ。
参加者ってのは、平均年齢65歳以上かと思われる日本ファンの某国人が中心だで、無理して行こうっちゅう気持ちが起こらんのね。以前は、毎月のように参加して、ボランティアなんかもやっとったんだけど、いろいろあって参加せんことが多くなってまった。
某国の日本ファンってのは、何かね、独特なんだろうねぇ。付き合いにくいったら・・・。


で、昨日はここが集めた寄付金の行き先なんかを尋ねたり、某国キリスト教系社会福祉団体の日本での苦戦の話なんかも聞いたりしたんだけど・・・。


面白いっちゅうか、某国人でもフレキシブルで現実的なアイデアがあるのね・・・って見直したことも。

某国スーパーフランチャイズEの関係者が、週ごとのお買い得品の折込チラシに寄付をお願いする広告を出して、この友好団体が寄付を集める。
で、このスーパーフランチャイズのコネでミネラルウォーターをタダ(あるいは安く)入手して、被災地へと届ける。ここで問題は、輸送費。
このスーパー関係者が、何やら輸送関係の団体ともコネがあるらしく、某国郵便小包部門の飛行機の空いたスペースを利用して、安く日本まで輸送できることが可能になる予定。さらに、日本での輸送も、コネを利用して、潤滑に進めることを計画中。
これで、とりあえず、被災地近くの空港あたりまでは、ミネラルウォーターをはじめとする救援物資が届けられるという皮算用。


勿論、全てが上手くいけば・・・の話だわなも。
巨大な社会福祉団体の問題は、柔軟性に欠けるっちゅう点。
その欠点を埋めるために、ちっちゃ~(小さい)団体が暗躍すべきだっちゅうことらしいわなも。


で、本題は、腹の立った話。
読みたくにゃ~かたは、スルーしてちょ~ね。


またしても、会話が原発問題に・・・。
いろいろとあったけども、らくだは「ここで、現場の状況を知らぬまま、偉そうな議論をしたところで、何の助けにも解決にもならん。それなら、足を引っ張るような議論は時間と労力の無駄」と主張。
この意見は、そこそこ受け入れられた。


そして、福島の原発事故現場で危険な仕事をしとりゃ~す方々のこと。

ある某国人(元)物理学者で、仙台で2年研究滞在をしとった女性(50歳手前)が言い出した。

「自主的に募ったなんて、全くの嘘。日本だったら、上司から声が掛かった時点で、断れるはずがなく、あれは強制的だ。でゃ~てゃ~、現場で働く人は、それほど危険な作業だって、知らされとらんのじゃにゃ~の??」
(これは、既に他の某国人からも、批判されたこと。)

で、らくだは答えたのね。

「あのね、おみゃ~さんたちの国だって、第二次世界大戦時に徴兵された人は、同じ状況だったんじゃにゃ~きゃ~?? 自分の家族を守り、自分の祖国を守るためには、危険だと承知のうえでも、引き受けざるを得ないんじゃにゃ~の? 今の某国には、そこまで差し迫る危険がにゃ~から、おみゃ~さんみたいな意見が出てくるだけだわなも。」

これには、戦争を経験した世代、皆、納得。


すると今度は、納得できんかったのか、信じられない言葉を発した。


「あの3人の被爆した作業員。彼らの安全対策を見る限り、皆が十分に危険性を理解しとったとは、信じがたい。でゃ~てゃ~(大体)、あの人たち、もうすぐ死ぬんだから・・・」



おいおい、生きとりゃ~すでしょ??

勝手に、人を殺すなよ。



らくだ、忙しくてテレビも見とらんし、ネットのニュースも真面目に見とらんで、あんまり情報が入ってこんけど・・・。

あのねぇ、らくだは物理やら、そんな難しい学問の知識はにゃ~。
でもね、専門家ぶって、放射能の説明をして、勝手に他人の命を救いようのないものとして決め付けて話をする人の話をそのまま信じることもできん。
某国の原発に関する報道を見ても感じたけど、常にネガティブな結果しか導き出そうとせず、他人を批判することによって自分が賢いことを示そうとしてばっかりの「自称インテリ」には、嫌気が差す。


そりゃねぇ、馬鹿だけどね・・・。
その分、変な知識が邪魔をせず、一生懸命頑張る人たちの無事と奇跡を信じることも可能なわけ。


話に寄れば、現場で頑張っとりゃ~す方々は、かなり劣悪な環境で、危険な作業に望んでおられるのだとか。
皆さんが励ましあって、この大変な作業を乗り越えてくださること、祈るしかにゃ~んだよね。

東電が悪いとか、政府の対応が悪いっちゅうのは、あとでも言える。
今は、作業しとりゃ~す方々が、作業しやすい環境を作り出してあげることを優先に考えるべきだと思うんだよねぇ。


スポンサーサイト

*Comment

beagleoneさんへ 

> ちなみに東電の体質はお役所よりもお役所なところだそうで、対応が後手後手になっているのもそんな体質が原因のひとつなのでしょうね。
> そんな会社だから、下請けの協力会社なんかには
> ”今後の取引のことも考えて作業員を出してください”くらいは言ってるかも・・・と邪推してしまうのですが。(←悪魔的発想ですね)
********
どこかで、現場に向かった「協力会社」の社員の話があって、「今後のことを考えると」というくだりがあったのを思い出しました。

> でも現場で働いている人たちには本当に頭が下がります。
> なんとか今の状況が少しでも早く良い方向へ向かってくれることを祈るしかできないのですが・・。
***********
そう、東電の幹部のことなんてどうでもいい(どうせ、後日、引責辞任するでしょう。退職金なんてもらうようなら、ムカつきますが)ので、現場で働く方々が、少しでも早く家族の下へ戻ることが出来るように願うばかりです。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2011.03/31 20:06分 
  • [編集]

確かに・・ 

ええと、確かレスキューだったか消防隊に暴言吐いたのはK経産相だったかと・・・
E官房長官は被爆して病院搬送された3人を”無知だから被爆した”みたいなオマヌケ発言をしてしまいました。どっちもどっちかー?
ちなみに東電の体質はお役所よりもお役所なところだそうで、対応が後手後手になっているのもそんな体質が原因のひとつなのでしょうね。
そんな会社だから、下請けの協力会社なんかには
”今後の取引のことも考えて作業員を出してください”くらいは言ってるかも・・・と邪推してしまうのですが。(←悪魔的発想ですね)
でも現場で働いている人たちには本当に頭が下がります。
なんとか今の状況が少しでも早く良い方向へ向かってくれることを祈るしかできないのですが・・。

鯨もん。さんへ 

> 確かに、だいぶ前ですがE官房長官が、レスキューに
> 「行け!行かないやつは処分対象にする!」と発言し、
***********
そういえば、そんな報道がありましたね。
政府の方々も対応に追われて大変だとは思いますが、「赤の他人に危険な仕事を押し付ける前に、自分のご子息でも送り込んでみたら??」と、腹が立ちました。

> 某国の問題発言の人は「どうせ死ぬ」はいけませぬな。
**********
そうそう、危険を冒して作業された方々やその家族に失礼な発言ですよね。
こういう気遣いができないのが、残念ながら某国人なんです。とほほ。
うちの義理両親もそんなもんかも。(ボソッ)

> でも情報の伝達漏れが原因なので、危機管理としてはなっとらんので、あながち怒りきれないかも・・
> 命をかけて頑張っている人たちだから、応援してほしいですな~
***********
この被曝事故の詳細を聞いたときには、驚きましたよ。
この期に及んで、危機の意識がないのか??ってね。
事態がかなり深刻化しているようですが、希望を捨てずに、遠い国からも応援しています。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2011.03/30 19:46分 
  • [編集]

maiさんへ 

本当に、その通りで、事態がどんどん深刻化しているのに、騒がなくなりましたね。
某国の場合、某州の選挙で政権が交代が決まりましたので、マスコミも役目を果たしたと思ったのかもしれません。

> あの3人は退院しましたよ。
***********
とりあえず、退院できたのですね。よかったです。

> 日本がああして大きく取り上げると、世界は過剰反応する気がしますねぇ。
> 都内の水とかもそうでしょ。
> で、肝心のことを正確に伝えてない気がする日本の政府。
********
政府は、国民やメディアが何を知りたいのか、イマイチ把握できないのでしょうね。
もどかしいというか・・・。

> でも、そんな事よりも、今自分がしないで誰がするんだ?って思って現場で働いてる作業員(TVでインタビュー見た。)とか、イスラエルの60人の医療チームとか、そういう人のこと見て欲しいですねぇ、こっちのマスコミには。
**********
そうなんです。まるで、外国から援助に来られた方々が皆、こぞって帰国したような印象を与える報道も多かったのですよね。さっさと帰ってきたのが、自国だけだったってこと、随分、後になってから批判してました。

> あそこには生存の可能性がないし、町が無くなっていたって言ってました。
> そういう現場見た人達に取材しろよ、と思っちゃダメなのかしら...
********
某国では、一応、そんな感じのことを報道してました。
実は、出発前に、「危険な地域には配置されないと、約束された」との発言を残した某国救助チームの一員がいたのを、私は覚えています。彼らはボランティアなので、仕方ないといえば仕方ないのですが、被災地で危険でない地域って、あるんでしょうか??
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2011.03/30 19:41分 
  • [編集]

むむむ・・・ 

v-22日本時間でこんばんは。
確かに、だいぶ前ですがE官房長官が、レスキューに
「行け!行かないやつは処分対象にする!」と発言し、
問題になって謝罪しとりましたけど・・・
某国の問題発言の人は「どうせ死ぬ」はいけませぬな。
でも情報の伝達漏れが原因なので、危機管理としてはなっとらんので、あながち怒りきれないかも・・
命をかけて頑張っている人たちだから、応援してほしいですな~
  • posted by 鯨もん。 
  • URL 
  • 2011.03/30 10:45分 
  • [編集]

 

思うに、今の方が深刻なのにわーわー言わなくなってませんか、こっちのマスコミ。
あの3人は退院しましたよ。
日本がああして大きく取り上げると、世界は過剰反応する気がしますねぇ。
都内の水とかもそうでしょ。
で、肝心のことを正確に伝えてない気がする日本の政府。

東電はもうどうしようもないけど←だって今頃廃炉にするかもって...もっと早く東電決めろよ(-"-)って思ったし。
でも、そんな事よりも、今自分がしないで誰がするんだ?って思って現場で働いてる作業員(TVでインタビュー見た。)とか、イスラエルの60人の医療チームとか、そういう人のこと見て欲しいですねぇ、こっちのマスコミには。
因みにイタリアの救助隊は都内でなんかしてたそうですよ、これ見て笑っちゃったわ。
ドイツとスイスとオーストリアはまとめて、南三陸町だったらしいけど、ドイツはすぐに引き上げたし、スイスも死者ばかりでは救助犬にストレスとかで10日ほど(当初の予定)で帰国でした。
あそこには生存の可能性がないし、町が無くなっていたって言ってました。
そういう現場見た人達に取材しろよ、と思っちゃダメなのかしら...
  • posted by mai 
  • URL 
  • 2011.03/30 09:40分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。