月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ、お入園・・それともご入園?

4月っていえば、日本じゃ、新しい一年が始まるわけよねぇ。
新学年、入園、入学、入社などなど・・・。
某国じゃ、新学年は9月とか8月の後半とか、州によって違うよねぇ。
入社なんて、ホント、バラバラだし。


昨日、らくだ兄その2の長男が幼稚園に入園したらしくって、メールで写真が送られてきたのね。

ブッカブカの制服は、手がすっぽり隠れるくりゃ~に袖がなっぎゃ~(長い)。
帽子も、半ズボンもでっかくて、何となく不恰好。
早く制服に負けないように、大きくなるといいねぇ。


この幼稚園、らくだ姉、らくだ兄その2、そしてらくだも通ったとこで、英国国教会系プロテスタント。

教会付属だもんで、信者のお子さんたちも通うんだけど、どうやら当時(40~35年前!!)から「幼児早期教育」に重きを置く幼稚園だったらしく、地元の裕福な家庭の子供たちや、教育ママの子供たちも通ったそうで・・・。
うちの場合、オカンの友達(偶然にも、4人の子供が全て同学年)が、裕福な人たちとお友達になるのも大好きだったし、子供の早期教育にも詳しくて、「あの人の子供が通うなら、保護者会に一緒に行ける」って理由で、決定したらしいわなも。(オカンは、ボンヤリしとるで、早期教育とか、ちぃ~っとも興味なかったんだろうと思うわ。)

ここの人気はかなりのもんで、らくだの入園手続きのときには、オカンと友達は二人揃って、徹夜で並んだらしいのね。で、早生まれだった友達んところの子供(らくだと同学年)は、「早生まれ」って理由で、窓口に到達した時点で3年保育での入園を断られたらしいのよ~。酷い話しだよねぇ。並んどる時に言ってくれれば良かったのに~。(ちなみに、信者の子供や金持ちの子供は、早生まれでも3年保育で入園させてまえたらしいがね。)


ただ、らくだ自身、子供ながらにも、ここのやり方は苦手だったんだよねぇ。


発表会やらクリスマス会の劇なんかだと、必ず、寄付をいっぴゃ~する金持ちや、地元名士の子供、熱心な信者の子供が、主役級を演じるのね。
うちの姉なんて、主役(人魚姫)に決まっとって、台詞もばっちり覚えとったのに(姉は当時から頭が良かったんだねぇ)、本番の3日前に、ワカメの役に格下げ。人魚姫役は、地元名士(織物会社御曹司)の娘に決まったらしいの。台詞覚えられなくって、本番でも、先生が人魚姫の横に付きっ切りで、台詞を教えたらしいよ~。
らくだのときでも、考えてみればそうだったんだよねぇ。
キリスト生誕を再現した劇で、重要な役は、全部、信者か金持ちの子供たちだった。
まあ、らくだは、内弁慶で、人前で目立つの苦手なタイプだったで、最初っから脇役志願だったけど。


週に一度の礼拝や、毎給食・間食前のお祈り(「天のお父様」から始まる)も嫌だった。
父の実家で、じぃちゃんと一緒に仏壇に手を合わせて、最後にご褒美でお抹茶とお菓子をもらうほうが好きだったんだわね。
聖書のエピソードのビデオなんかを見せられて、これも嫌だったんだよね。
特に旧約聖書とか、映像化すると、子供には残酷でね。
らくだは「日本昔話」とかのほうが好きだったなあ。
実は、この時の「早期宗教教育」、キリスト教国である某国で暮らすようになって、意外にも役に立つんだけど、日本で暮らしとったら、こんなこと知らんでも生きていけるよねぇ。

で、そんな矛盾を肌で感じたのか、入園して最初の3ヶ月は、毎日、お迎えのバスが来る場所まで行くのが嫌だった。もっと嫌だったのは、バスに乗り込むときとバスを降りて、園舎に入るとき。
バスに乗り込むのを拒否するらくだをあやすために、わざわざ当時の園長夫人がバスに乗り込むようになったくりゃ~、らくだの登園拒否は酷かったらしい。一説に寄れば、ただ単に、牛乳で煮出した甘い紅茶(っちゅうか、それが冷めると表面にできるカゼインの膜)が嫌だったとか。

まあ、一番困ったのは、ここですでにひらがな&カタカナなど、完全にマスターして小学校に入ったら、当時の田舎の小学校だでねぇ、他の幼稚園・保育園から来た子達は、誰もひらがなも片仮名も知らんかったわけ。
聖書のお話やイースターなんて、知るわけにゃ~のよね。
まわりに合わせられず、困ったんだよねぇ。で、再び小学校に通うのが億劫になってしまった。

らくだの性格がひねくれなのも、この幼稚園に通ったことと関係しとるんじゃ・・・って逆恨みしとるんだよね。
(同じ幼稚園に通った姉や兄その2が、問題なく成長したってことは、幼稚園のせいだけじゃないんだけど)

そんなこんなで、非常に微妙な思い出が渦巻く幼稚園に、可愛い甥っ子が入園するってのは、実は複雑な気持ちだったのね。

どうやら、入園前から、「早期教育」と偽り、金を巻き上げるをうたう、数々の習い事にいそしむ義姉(と、ホイホイと喜んでお金を出す兄その2)が、習い事で知り合うママ友から、「子供の知育には、あそこの幼稚園が一番。」って評判を聞き入れたらしいんだよね。で、兄も自分が通ったところだから・・・って大賛成。

実はねぇ、この幼稚園に入れても、子供の知力が伸びるかどうかは不明じゃないかって思うんだよね。いや、幼稚園のうちに伸びたとしても、それがそのまま維持できる保障はゼロなわけで・・・。
もしかして、義姉(そして、兄その2も)、うちの両親・兄弟と配偶者(そして、その家族)の中で「自分だけが高卒」っていうことで、複雑な思いを抱えとるのかもしれんけど、らくだたちは、彼女が高卒だからって、気にしとらんのだけどね。超見栄っ張りの姉は、「同じ家族として恥ずかしい」とか、ことあるごとに、ボソッと電話で彼女のこと馬鹿にするけど、本人に直接言うわけじゃないし、こういう人間はほかっときゃいいわけで・・・。

最初の結婚に失敗した兄その2を献身的に支えて(実は略奪婚)、兄が欲しがっとった子供たちを生んでくれて(最初の妊娠は兄の離婚成立前→気の毒にも流産)、何といっても、兄があんなに幸せそう(ここ、一番大事ね)にしとるのを見て、らくだは心から感謝しとるんだけどなあ。(この境地に至るまでに、いろいろと葛藤はあったけどね。)
それに、うちの意地悪義母だって、偉そうにしとりゃ~すけど、でゃ~がく(大学)中退だでねぇ。恥じることにゃ~んだよ!!


らくだは、日本でも某国でも、教育学(教員養成じゃなくってね)が専門。
幼児教育には詳しくにゃ~けども、あちこちのママ友よりも、客観的な知識を持っとると思う。
「お金使って、むやみやたらに習い事させればいい」ってもんじゃにゃ~わけよね。
いろいろな理論ばっかり頭に入っとって、実務には詳しくにゃ~けども、20年前に習った発達心理学や児童心理学でも、そんな簡単なことは、証明されとる。勿論、この20年の間に、それを覆すような説もあるけど、元の文献やら統計調査をあたってみると、実際には説得力に欠ける統計調査だったり、「早期教育で金儲けしようとたくらむ人が流す説」だったりするわけよねぇ。

大体、人には向き不向きがあるわけで・・・。

らくだが長年習ったピアノなんて、まさにその例。
美しい音楽は好きだけど、練習嫌いだったもんで、長年やっても全く上達せず、今じゃ、楽譜も読めないかも・・・。
(えっとね、母親が流してくれる有名なピアニストのレコードのお陰で、美しい音楽が頭に流れるんだけど、自分で弾くと、想像通りに弾けんよね。当たり前だけど・・・。それが嫌で、練習するのが嫌だったの。「思ったとおりに弾けるまで練習する」って忍耐に欠けたんだろうね。いや、もともと才能がなかっただけだけど。)

その他、水泳教室、学習塾、公文式やら、お習字、そろばん、あれこれやってみたけども、何の役にも立たんかったわけで・・・。水泳は、とうとうバタフライを習得できないまま挫折。公文やったくせに、算数・数学、理科系科目は苦手だったし、習字やっても字が下手だし、漢字の読み書きもダメ。

唯一、得意だったのは、社会科系。教科書を一通り読めば、分野に関わらず、テストで高得点を取れた。
(漢字弱かったから、中国史は全くだめだったけど)
某国のでゃ~がくでも、なぜか、副専攻の社会学の成績が抜群に良かったのよねぇ。中高の社会科(暗記中心)と、でゃ~がくの社会学(論理的思考中心)じゃ、比べもんにならんのだけど・・・。


中学から6年間、ずっとお世話になった英語の家庭教師のお陰で、とりあえず大学卒業までの英語と、大学院入試の英語で救われた(先生の後の話じゃ、「英語ができて、某国語もできるから合格させた」ってことだったらしい。でも、院入学半年後に某国移住のため中退。)けど、某国語に集中するあまり、英語もさっぱり忘れてまったし・・・。
ちなみに、この英語の先生とは、参考書や教科書なんかの勉強は少なくって、自分で選んだ英語の絵本を読んだり、新聞を読んで、ひとつのテーマを英語でディスカッションしたり、歌を聴きながら歌詞を一緒に訳したりって、遊び的要素も多かった。真面目に勉強したのは、テスト前や入試前だけだったかも。



と、まあ、甥っ子の幼稚園入園に際して、いろいろと思うところはあるんだけど、素直な甥っ子が偏った思想(もとい、キリスト教的思想)に洗脳されず、そしてらくだのようにひねくれた子供(今じゃオバサンだけど)にならんように・・・と、切に願っとります。


しかし、日本で子育てって、某国以上にお金が掛かりそうなんだねぇ。
お入園前の習い事の「月謝」だけでも、某国のでゃ~がく授業料「半期分」と一緒か、それ以上だろうねぇ。
某国って、州ごとにでゃ~がくの授業料があったりなかったりするわけだし・・・。

この日本中で浪費される「習い事出費」の分を、震災孤児や震災でノートや鉛筆すら手に入らない学童に寄付したら、どぇりゃ~有効に使われると思うんだけど・・・。
それじゃ、その道でご飯食べとりゃ~す方々が失業してまうしね。そうか、無駄な習い事出費も、立派な経済活動の一環だと思えば、意義があるわけだ!!
スポンサーサイト

*Comment

beagleoneさんへ 

> まずは甥っ子さんのご入園おめでとうございます。
**********
ありがとうございます。

> お母様とお子様の面接スタイルなーんてものがあるんですよ。上履きセットまで。
*********
うっひゃ~。すごいですね。
私が試験担当者なら、そんな格好してきた奴は、片っ端から不合格にしちゃうかも。

> とはいえ、こんなので多少の売り上げがある大規模小売業に所属している身としては、頭ごなしに”無駄!”と言えないのがつらいところです。(笑)
*********
そうそう、私の同級生や後輩でも、教育産業に就職した人、いましたので・・・。

> 習い事、私も色々やりましたねぇ。
> しかし親に言わせると、”みーんなあんたに聞いたら「やる」って言ったから”っていかにも私の自主性に任せたみたいな言い方されるんですが・・・。
*******
同じですね。私の場合、今から思えば、親から「やる」と言う様に仕向けられたような・・・。

> 早期教育・・・私はそのへん全然わからないのですが、
> 幼稚園前からってのはどうかと思いますねぇ。
********
早ければ早いほどいいっていうものではなく、子供の脳は発達段階にあわせて能力を取得していくわけですから、発達が不十分のうちに能力啓発してみたところで、無意味(だったり時には負の影響を与える?)なのです。

> ちなみにウチの母親も教育熱心だったほうなのかな?
> 姉兄私の3人の子供をとりあえず某国立大付属幼稚園を受けさせて(ちなみにガラポンだったので当選したのは兄のみ)姉と私は某カトリック修道会系の幼稚園へ行ったのだけれど、そこを選んだのは”躾がきびしいから”だったそうで・・・姉はともかく、私は男の子とばかり遊んでいてお行儀が悪かったらしく、お行儀をしつけてもらえると思ったらしい。←甘い考え
**********
私、幼稚園から小学校に上がって、お行儀が悪い子が多くて、ショックを受けたんです。
きっと、あの幼稚園もしつけが厳しかったのでしょうね。

> それにしてもらくださんの通ってらした幼稚園、ロイヤルミルクティなんておしゃれな飲み物が幼稚園児に出されていたんですね!
**********
あはは~。うちの姉も、そんなこと言ってました。
でも、あの膜の張った甘ったるいミルクティー、トラウマになっています。
その割には、インドのチャイは喜んで飲み、お腹を壊し、一晩中トイレで苦しんだんですが・・・。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2011.04/28 19:52分 
  • [編集]

お受験 

まずは甥っ子さんのご入園おめでとうございます。

今やお受験スタイルなんてものがあるような時代ですからねぇ、日本は。
お母様とお子様の面接スタイルなーんてものがあるんですよ。
ブランドでいえば、Jプレスやファミリアなんかの
お嬢様お坊ちゃまぽいスタイルのブランドで。
上履きセットまであったりして、まーびっくり。
とはいえ、こんなので多少の売り上げがある大規模小売業に所属している身としては、頭ごなしに”無駄!”と言えないのがつらいところです。(笑)

習い事、私も色々やりましたねぇ。
習字にピアノ、公文式にスイミング、忙しい子供だったこと。
しかし親に言わせると、”みーんなあんたに聞いたら「やる」って言ったから”っていかにも私の自主性に任せたみたいな言い方されるんですが・・・。
早期教育・・・私はそのへん全然わからないのですが、
幼稚園前からってのはどうかと思いますねぇ。
学校に上がればいやでも勉強するんだし、小学生からでも十分頭も柔らかくて、知識を得たり頭を訓練するのには遅くないと思うのですがねぇ。
ちなみにウチの母親も教育熱心だったほうなのかな?
姉兄私の3人の子供をとりあえず某国立大付属幼稚園を受けさせて(ちなみにガラポンだったので当選したのは兄のみ)姉と私は某カトリック修道会系の幼稚園へ行ったのだけれど、そこを選んだのは”躾がきびしいから”だったそうで・・・姉はともかく、私は男の子とばかり遊んでいてお行儀が悪かったらしく、お行儀をしつけてもらえると思ったらしい。←甘い考え
それにしてもらくださんの通ってらした幼稚園、ロイヤルミルクティなんておしゃれな飲み物が幼稚園児に出されていたんですね!
そこに食いついてしまいましたわ~(食い意地はってますね、私 あいかわらず)

  • posted by beagleone 
  • URL 
  • 2011.04/28 16:08分 
  • [編集]

Kisaさんへ 

なかなか、興味深いコメント、ありがとうございます。
私自身、母親が習い事させるのに熱心で、当時の田舎の感覚だと、かなりあれこれと習ったのですが、何の役にも立ってないのです。馬の耳に念仏だったのか・・・。

> 最近聞いたのですが、日本では、世界中の言葉に精通した日本人が、各国の本を日本語に翻訳し、出版しているので、「本当に本が読みたい人は日本語を学べ」と言われるほどなんだそうです。それが英語を学ばなければならないという意欲が一般の間になかなか広まらない遠因でもあるそうですが。。。
*************
日本語の翻訳本、素晴らしい訳もあれば、信じられない愚訳誤訳もありますね。
日本の語学教育に関しては、語学を学ぶ必要性だけではなく、教える立場の方々にも問題があるのかもしれません。


> ドイツは、義務教育期間中の留年など、日本ではハンデになりそうな事が、勉強次第で後々けっこう巻き返せるというのが面白いですよね。
*********
確かに、そうですね。日本じゃ、基本的には義務教育期間の留年はないですから、絶対に授業についていけない子供のチャンスを奪う結果にもなります。

> あと、ドイツでも、いわゆるエリートなご家庭では、留学等でかなりお金をかける(学校によってはお金がかかるともいう)と聞く
********
これは、いわゆる庶民のレベルとはかけ離れた方々か、お金が掛からない交換留学を利用するケースが多いかと思います。私費留学の行き先は、イギリスが一番多いと思うのですが、かなりお金が掛かると思います。日本では、こういう家庭はアメリカの学校に子供を送るんでしょうね。
我が夫の場合は、親戚や友達のコネで現地に済ませてもらい、「実習」という形で海外経験を積みました。

> トータルで見た日本とドイツの教育費ってどっちが多いのでしょうね~?日本では教育費(塾など)ってきっちり見えますが、ドイツや他の欧州の場合、生活の一部(例えば、家族旅行でよく行った国→後の留学先)みたいなケースも多いので、これを純粋な教育費とカウントするには多少押しが弱い気もするのです。
********
断然、日本でしょうね。

日本は、「出来る人がする」というより、「他の子に引け目を感じないように、親が無理してでも、子供にやらせる」という状況があるのと、すでに幼稚園(あるいは入園前)から、教育費を使うという特徴があります。つまり、教育にお金をかける年数が長い上に、教育費を惜しまず支払う家庭の絶対数が多いのです。

また、某国人の普通の家族連れは、家族旅行をするときにも、日本人とは違い、市街地のホテルではなく、郊外のモーテル・休暇用アパート・キャンピングカーなどを使うケースも多いです。お金に余裕があったり、日本人妻がいる家庭は、違うところも多いようですが、うちは5日程度の滞在なら、休暇用アパートもよく使います。
宿泊費だけではなく、食費なども節約できますから。(もっと多いのは「浜辺でごろんちょ」旅行で、暖かい海辺に航空券・宿泊・飲食代全て込みで出かけることのほうが、文化の香り漂う旅行よりも多いでしょう。この場合、「毎年、家族でイタリアに出かけたから、イタリアに留学」というのはマレです。)
某国では閉鎖的なうちのあたりですら、幼稚園児の20~30%は外国人か労働移民2~3世。失業率も日本より高い。つまり、お金を掛けられない(あるいは、教育にお金をかけるという感覚すら持たない)家庭も少なくありません。
ある意味では、日本以上に「親の収入・職業・出身地の格差」が大きいのかもしれませんね。さすが、差別社会欧州です。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2011.04/18 08:19分 
  • [編集]

 

日本人は元々幼児教育というか、勉学や知識の幅を広げるのに熱心な国民性ですよね。最近聞いたのですが、日本では、世界中の言葉に精通した日本人が、各国の本を日本語に翻訳し、出版しているので、「本当に本が読みたい人は日本語を学べ」と言われるほどなんだそうです。それが英語を学ばなければならないという意欲が一般の間になかなか広まらない遠因でもあるそうですが。。。

ドイツは、義務教育期間中の留年など、日本ではハンデになりそうな事が、勉強次第で後々けっこう巻き返せるというのが面白いですよね。あと、ドイツでも、いわゆるエリートなご家庭では、留学等でかなりお金をかける(学校によってはお金がかかるともいう)と聞くのですが、トータルで見た日本とドイツの教育費ってどっちが多いのでしょうね~?日本では教育費(塾など)ってきっちり見えますが、ドイツや他の欧州の場合、生活の一部(例えば、家族旅行でよく行った国→後の留学先)みたいなケースも多いので、これを純粋な教育費とカウントするには多少押しが弱い気もするのです。
  • posted by Kisa 
  • URL 
  • 2011.04/18 05:36分 
  • [編集]

amyさんへ 

> ワタシの場合は園長先生直々に目をかけてくれとったよ。
> そんな優しい園長の事、無視してことごとく反発する可愛くない園児だったけどね。
********
私ね、あの園長先生(教会の偏屈牧師でもあった)は嫌いでねえ。あの人がいると、それだけでも縮み上がったわ。

> うちでも早期教育かなんか知らんけどひらがなもカタカナも全部覚えたわ。
> その後それが役に立ったとは思えないね。
*********
そうなんだよね。早かれ遅かれ、小学生になれば習うものなんだし・・・。

> 幼稚園児ママ達の立ち話に聞き耳立ててたら「早期英語教育は必要である」とか何とか言ってて思わず爆笑しそうになっちゃったよ。
*********
こういう人って、自分ができないで、余計に躍起になるんだろうね。
うちのジイちゃん(母方)は、自分が大学に入っとらんで、子供たちは全員大学に入れるって、かなり教育パパだったんだよね。だから、何となくわかるような・・・。

> ワタシは塾反対派。
> でもらくださんの言っとるように経済効果のために塾は必要だしね、甥っ子や姪っ子が行くのは表立って反対はしん。
> 裏で悪口は言うけどね。
*********
私の大学の友達とか後輩とか、就職に困ると塾に就職したしねぇ。
私もね、甥っ子や姪っ子が行くのは、「ふ~ん。がんばってね」と聞き流す。
で、ここで悪口言いたい放題?? ここは、家族が絶対に読まんブログだと思うでね~。爆
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2011.04/14 17:38分 
  • [編集]

鯨もん。さんへ 

> 幼稚園。。って大体そんなもんですな。。
> 寄付とかでなくても、役員をしてくださっているお母様のお子さんは、
> そうでもしないと、役員になってくださらないですから、
> 交換条件みたいなもんですな(苦笑)。
***********
へぇ、そうなんですか?
私、自分の子供を目立たせようなんて、考えたくもないです。
自分が目立つのも嫌いなのに・・・。

> それから・・ 鯨もん。が牛乳を飲めなくなったの理由は、
> アノ膜!のせいです!!(笑)
**********
らくだも、温かい牛乳とかダメ。学校給食のせいで、生ぬるくなった牛乳もダメ。
ってことで、牛乳はつめたいのをちょっとだけ。でも、お腹壊すのね、それやると・・・。

> それから・・ ん~と。 甥っ子さんの入園おめでとうございます(^^)/(笑)
********
ありがとうございます。
母に誕生日プレゼント送ったのに、甥っ子の入園祝い、忘れちゃいました。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2011.04/14 17:28分 
  • [編集]

あー、、、 

らくださんも登園拒否しとっただねぇ。
実はワタシも…3ヶ月か半年ぐらいやっとたかねぇ。
ワタシの場合は園長先生直々に目をかけてくれとったよ。
そんな優しい園長の事、無視してことごとく反発する可愛くない園児だったけどね。
うちでも早期教育かなんか知らんけどひらがなもカタカナも全部覚えたわ。
その後それが役に立ったとは思えないね。

幼稚園児ママ達の立ち話に聞き耳立ててたら「早期英語教育は必要である」とか何とか言ってて思わず爆笑しそうになっちゃったよ。
ワタシなんか早期教育されとらんし、中学高校じゃ赤座布団一歩手前の成績で生き延びとったのにちゃんと英語も使えとるでね。
ワタシは塾反対派。
でもらくださんの言っとるように経済効果のために塾は必要だしね、甥っ子や姪っ子が行くのは表立って反対はしん。
裏で悪口は言うけどね。
  • posted by amy 
  • URL 
  • 2011.04/14 10:32分 
  • [編集]

独り言なのに語りましたな(笑) 

v-22日本時間でもうすぐ夕暮れです。 こんばんは。
独り言、捲くし立てましたな~ どれからコメントしてよいやら(苦笑)
幼稚園。。って大体そんなもんですな。。
寄付とかでなくても、役員をしてくださっているお母様のお子さんは、
発表会などでは、目立つとこにね。
そうでもしないと、役員になってくださらないですから、
交換条件みたいなもんですな(苦笑)。
それから・・ 鯨もん。が牛乳を飲めなくなったの理由は、
アノ膜!のせいです!!(笑)
それから・・え~と。え~と。 お兄様その2の過去にビックリ!!
それから・・ ん~と。 甥っ子さんの入園おめでとうございます(^^)/(笑)
  • posted by 鯨もん。 
  • URL 
  • 2011.04/14 10:22分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。