月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなり、キタ~~!!

昨日は、ぴかぴかのお天気で、外も10度くりゃ~。
「このまま春にならんかねえ」なんて、期待してみたけど、やっぱり某国の2月。
今日は再びどんよりとしとります。おまけに、寒い。。。

さてさて、同じく義理母に手を焼く、盟友amyさんの不気味な予告が、現実味を帯びてきたわなも。
注)amyさんは、意地悪らくだと違って、そんな義理のお母様にもきちんと接しておられます。


一人で家にいられない~~と泣き言の義母。
いかにも、「私は欝になりかけ~~」って症状をシェイクに向かって、泣きながら並べ立てる義母。
仕方ないもんで、週末に泊まりに行った。
車で15分程度なんだで、泊まる必要はちぃ~~っともないんだけどね、汗。

食べられないとは言うものの、全粒粉パン2切れ&チーズを夕食に、翌日の昼食には冷凍ピザを半分食べたよ。
朝も起きられないとは言うものの、らくだたちの寝室にやってきて、こぶ太郎を自分の寝室へ連れて行き、二人でベッドでゴロゴロしとったよ。
化粧をする気にもなれないとか言っとるけど、らくだよりもしっかりとメーク。
香水までプンプンさせとったよ。


義母はみんなで散歩したそうだったけど、外は寒そうだったもんで、シェイクと二人で行ってもらって、らくだとこぶ太郎はヌクヌク。
調律を何十年もしてなさそうなピアノで童謡を弾き語りしながら、二人でお留守番。
1時間半たっても帰ってこんもんで、外を見たら、二人で門の前で立ち話しとってね、「あ~、どうせらくだの悪口でも言っとるんだろうね」と思って放置しとったのね。
そしたら、二人が入ってきて、いきなり義母が・・・。


義母「今までの非礼をお詫びするわ。」


らくだ「はぁ???」


義母「私たち、どちらも過ちを犯していたみたいね。」


らくだ「・・・・・」
(どちらもって言葉、すごく気に入らない!!)


義母「私のお詫び、受けてくれる。」

多分、今までのこと、全て水に流せといいたいのだと思うけど、正直言って、健忘症でもない限り、全てを水に流すことなど不可能ってくりゃ~、らくだは義母に不信感を抱いとるわけ。
でもまあ、謝っとる人間に向かって、「許せるわけにゃ~がね!!」と言う勇気はらくだにはなくってねえ。


らくだ「こぶ太郎が、全てを解決してくれたわね。」
(言いたいことは、私は許しとらんけど、「こぶ太郎のためにも」過去のことを蒸し返してブツブツ文句は言わないよ~ってこと。)


実際、その時点では、許しはしなくても、過去のことに関しては文句を言うのをやめようと思ったわけ。

ところがね、いきなり謝ってきた理由がその5分後に判明。


義母「ここ(義理両親宅)か、この近所に引っ越してこや~。土地を買って、一から家を建てるのって、大変だがね。設計も、インテリアも、とにかく全部自分たちで決めるのって、大変だわなも。それくらいなら、この辺りの中古の家をリフォームしや~。OOさんち(つい最近、ご主人が亡くなった)の次男は、とりあえずリフォームが必要ないくりゃ~の家を買って、引っ越してくるらしいよ。
私も、こんな大きな家に一人じゃ、どぇりゃ~不安なんだわね。
あんただって、私が近くにいたほうが、いつでも病気になれるがね。」


呆れて、反論もできずにシェイクを見つめたらくだ。

らくだ、病気になりたくないんだけど・・・。
うち、土地はもう3年前から買ってあるんだけど・・・。
少し手直しして、子供部屋を増やすだけの設計プランは、一応あるんだけど・・・。
今すぐにリフォームしなくても、5年後、10年後にはリフォームがいると思うんだけど・・・。

そして、何よりも・・・。


おみゃさんのそばに、住めると思うわけ???



こういう義母だから、謝ろうが何しようが、信用してないってぇのに・・・。
大体、自分だって、義理の母親と一緒に住むとか、近くに住むなんて、まっぴら御免だったはず。
(自分の母親ですら、息が詰まるって、140キロ離れたところに住んだくせに)



ちなみに、義父、まだまだ生きとります。
スポンサーサイト

*Comment

鍵コメさまへ 

ありがとうございます。
こぶ太郎は、今日で7ヶ月になりました。
体の大きさだけは、1歳児以上だと思うのですが・・・。

大学、いろいろ多忙になり、修士課程はやめました。
既にディプロムは取得しているので、「そこまで大学にしがみつかなくても」と思ったのですが、続けておいても良かったかなと少し後悔もしています。
とりあえず、今は子育てに全力投球。(でも、今後のことを考えて、何かやらなきゃなと・・・)
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2012.02/28 08:08分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.02/26 17:29分 
  • [編集]

Chakyさんへ 

> ブログにお伺いしたら、いきなり雰囲気が変わっているので、びっくりいたしました。
***********
里帰りを前に、食品庫を整理していたら、一粒だけ残っていた「小梅ちゃん」が出てきて、美味しかったので、「梅モード」に頭が変わりまして・・・。もともと、菅原道真と同じで「花=梅」というくらい、梅の花が好きですし。

> で、「いきなり、キタ~!!」というのは、こっちにキタめでたい話のことかと思いましたら(某国ではトップニュースだったというので)
************
某国、欧州の王室ネタが大好きで、英国のロイヤルウェディングでも「仕事休んでテレビ中継見る」って知人が数人いました。王室がない国だけに、憧れなんでしょうね。
そちらのお国は、欧州王室の中でも、お血筋からか、特に親近感があるようです。

> 某国に行って驚いたのは、2世帯で暮らす家族が当たり前のようだったこと。 こっちでは、信じられないです。 親側から提案されることはないと思うし、子供側から言われたら、親の方が却下するでしょう。 どんなに仲良し家族でも、一人になったら一人暮らしで、必要だったらホームに入る。 
********
特にね、田舎っぽい風習の地区はその傾向が強いんです。
家屋の1階に娘夫婦で、2階に親が住むというのが一番よくきくパターンですが・・・。
(要するに、マスオさん状態)
息子夫婦と同居だと、嫁が耐え切れず、息子夫婦が家出するという話も時々耳にしますよ。
「子供が小さいうちは、子守をしてもらいながら、働きに出かけるのに便利。
親が動けなくなったら、介護するのに便利」という感覚なんでしょう。
でも、私なら、息子に迷惑掛けず、さっさと日本に引き上げる(可能なら)か、息子が住んでいる場所になるべく近いホームに引っ越すかなあ・・・。
自己中心的な義母は、20kmの距離ですら、離れていて心配・・・となるわけです。
84歳でやもめになった自分の父親は、同居を始めたものの、半年もしないうちに、140km離れた実家に追い返したくせに・・・。

> うちも、いざとなったら、某国人の義父の方がおろおろ感情的になり、こっちの国の人である義母は全てを現実的に考え受け入れるようで、お国柄(なのかな?)が表れます。 
**********
もしかして、某国は戦争未亡人が女手1つで子供たちを育て、その親に対する感謝の気持ちもあって、同居というシステムが戦後も残ったのかもしれません。

あとは、施設型介護システムの落とし穴でしょうね。
要介護の状態にならないと、老人ホームは高くついてしまうし、肝心の介護職員は不足。
介護に掛ける時間も信じられないくらい短いし、介護職員の精神的負担が大きく、暴力(言葉の暴力も含め)も珍しいことではありません。自分の自由がきく、老人介護施設やケアつき老人アパートが圧倒的に不足しているんですよね。
更に、親と同居し介護すると、年金のほかに、要介護度によって、介護保険が息子(娘)夫婦に入ってくるわけで・・・。家族にとっても経済的に助かるという構図なのです。この家庭内介護、コスト削減できるので、健康省でも奨励しているのです。
あ。。。専門的なことばかりブツブツ書きました。すみませ~~ん。

スウェーデンのホーム、20年近く前ですが、母の文通相手に招待されて、感動したのを覚えてます。
彼女が手紙を書けなくなったら、介護職員が代筆してくれていましたっけ。
こういう介護施設なら、入居してもいいなと、未だに思っているんですよ。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2012.02/24 10:37分 
  • [編集]

amyさんへ 

> うははははは~、らくださんのお義母さんも面白すぎ。
*********
何かね、開いた口がふさがらないってのは、こういうことかな・・・と思ってまったわ。

今までは、女帝のように振舞っていて、「劇薬! 取り扱い注意!!」って感じだっただけに、こんなに根性の座ってないヘナチョコだとわかって、がっくりきたわ。急に「壊れ物・取り扱い注意!!」に変わったもんねえ。

> 頑張って戦うのよっ!!!
> 前々から言ってるけどいざとなったらこぶ太郎君つれて逃げておいで。
***********
ありがとう。
頑張るわね~~。


> そー言えばうちの義母、義父が亡くなったあといきなり香水のにおいがきつくなりました。
> もちろん化粧もより濃く・・・
> 早くどこかで金持ちのやもめでも見つけて自立してくれると助かるんだけど。。。
***********
実はね、義理両親の友達で、去年、奥さん亡くした人がおってね、お金持ちじゃないけど、毎日のように義父をお見舞いしてくれるの。学校の先生だったから、そこそこ年金もよいし。
私、密かに、新たなロマンスに発展しないかな~~なんて、シェイクにすらいえないけど、期待しとるの。

ちなみに、義父、まだ健在です!!
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2012.02/24 10:12分 
  • [編集]

beagleoneさんへ 

> 最後のくだり
> ちなみに義父・・・っていうのに異様にウケました。
************
いや、もう呆れちゃって、ウケでも狙わないとやっとれんって感じになりまして。

> 本当に気が早すぎますよねぇ。
> そんなこと心配するより、まずはご自分の伴侶の看病ではないのかー??とはきっと誰もが思うはず。
**********
義母は、何でも事前にしっかり段取りを考え、「その通りにしか」行動できない人なのです。
予想だにしなかった出来事を前にしてパニック状態で、自分だけが悲劇のヒロイン気取りになっているのです。
気の毒ではあるのですが・・・。
だから、こちらもmixiで書いたのを最後に、過去のことは蒸し返さず・・・と思ったんですが、相手が義母では、こちらの気持ちは伝わっていないことでしょう。


> そして”お互いに”って言い方もいや~ね、ほんと。
*********
そうなんですよ~~。
人間誰でも過ちは犯すんですが、義母と私の人間関係に関しては、私、謝るようなことしてません!!
距離を思いっきりおきながらも、失礼な態度をとったことは、一度たりともないのですから。

> そーゆー人ほど長生きするんですよ~(怖)
***********
どきっ!!
そういう、不吉な予想って、当たることが多いんですよね。爆


> らくださん頑張って!
> 程よい距離を持ってお付き合いしていってくださいね。
*********
ありがとうございます!!
ご近所さんになることや同居を防ぐためなら、とりあえず、(面倒でも)義母のご機嫌伺いをしつつ、乗り切ります!!
こぶ太郎にとっては、あれでも、優しいお婆ちゃんでしょうから・・・。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2012.02/24 10:04分 
  • [編集]

maiさんへ 

> ウチは義母はある意味そこまで、ガイジン嫁に頼りたくない、って感じですかね。
*********
うちも「何処の馬の骨ともわからないアジア嫁」という扱いを受けていたんですよ~。
それが、自分が一人っきり(年金の額も減額!!)になることを心配して、一番近くにいて、断れない性格かつ、経済的にもとりあえず大丈夫な夫に擦り寄ってきたわけです。この際、アジア嫁だろうが何だろうが、頼りに出来るなら、誰でもOKという感じでしょうか。
自立というものをした経験のない人なので、仕方ないのかもしれませんが・・・。

> あちらが打ち解けても、心開いても来ない、と文句言いたいけど、私の方から働きかけるべきとか言われましたんで...
> 世の中には自分と全く感性も考え方も価値観も違う人がいるんだってのは、理屈では分かっていても、目の当たりにすると自分から働きかけることは出来ませんでしたね...って、そんなじゃダメなんでしょうけどね。
***********
いや、その通りだと思います。
私だって、頭では「相手はこういう人間」って諦めなきゃいけないと分かっていも、やっぱりだめなものはだめです。
親は大切にするものと思いつつも、自分や息子、そして夫だって大切にしたいのです。ましてや、私の親じゃないんですから・・・。

> ま、いいや、もう帰るからw
*******
今まで、頑張ってこられたからこそ、実現する帰国。
これからも大変なのでしょうが、ストレスの元となる(失礼な言い方すみません)人間が近くにおらず、美味しいものに囲まれて生活できると、力もわきますね。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2012.02/24 09:52分 
  • [編集]

鯨もん。さんへ 

> いやぁ~ 違う人のブログに来たかと思いました(笑)
> 某国に住んでらっしゃるのに、なんて日本的!(笑)
********
あら、びっくりさせちゃいました?
梅って大好きな花なんです。

> 義母さま。。 なかなかツワモノですな。
> あきれてポカンと口を開いてしまいました。。(苦笑)
********
自分で何を言っているのかわかっていないんじゃないかと思うのです。
まだ未亡人でもないのに、パニックに陥っていて。

> 今後、もっとらくだのせなかさんのストレスになるようなことが増えますな。。
> 鬼嫁と言われても、いーじゃないですか!
> 鬼嫁業、貫きましょ! らくだのせなかさんがもたないですよ(^^)v
********
親を大切にするのは当たり前といっても、限度がありますものね。
鯨もん。さん公認ってことで、鬼嫁として今後もバリバリいきま~す。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2012.02/24 09:43分 
  • [編集]

いきなり! 

ブログにお伺いしたら、いきなり雰囲気が変わっているので、びっくりいたしました。
まさに、いきなり、キタ~!!という感じでした。
で、「いきなり、キタ~!!」というのは、こっちにキタめでたい話のことかと思いましたら(某国ではトップニュースだったというので)、あまりめでたくないお話のようで。。。
某国に行って驚いたのは、2世帯で暮らす家族が当たり前のようだったこと。 こっちでは、信じられないです。 親側から提案されることはないと思うし、子供側から言われたら、親の方が却下するでしょう。 どんなに仲良し家族でも、一人になったら一人暮らしで、必要だったらホームに入る。 
うちも、いざとなったら、某国人の義父の方がおろおろ感情的になり、こっちの国の人である義母は全てを現実的に考え受け入れるようで、お国柄(なのかな?)が表れます。 
  • posted by Chaky 
  • URL 
  • 2012.02/23 21:29分 
  • [編集]

がんばれっ♬ 

うははははは~、らくださんのお義母さんも面白すぎ。
あの手の珍獣には我々一般人の思考はついて行きませんわ。
頑張って戦うのよっ!!!
前々から言ってるけどいざとなったらこぶ太郎君つれて逃げておいで。

そー言えばうちの義母、義父が亡くなったあといきなり香水のにおいがきつくなりました。
もちろん化粧もより濃く・・・
早くどこかで金持ちのやもめでも見つけて自立してくれると助かるんだけど。。。
  • posted by amy 
  • URL 
  • 2012.02/23 20:18分 
  • [編集]

NoTitle 

最後のくだり
ちなみに義父・・・っていうのに異様にウケました。
(すみません。らくださんの苦労も知らずに)
本当に気が早すぎますよねぇ。
そんなこと心配するより、まずはご自分の伴侶の看病ではないのかー??とはきっと誰もが思うはず。
お義母様にはすでにお義父様は死人なのかしらん??
そして”お互いに”って言い方もいや~ね、ほんと。
そーゆー人ほど長生きするんですよ~(怖)
たぶんガツン!と言われても他人のせいにしてわからないんじゃないかなぁ・・・。
らくださん頑張って!
程よい距離を持ってお付き合いしていってくださいね。
  • posted by beagleone 
  • URL 
  • 2012.02/23 14:45分 
  • [編集]

なんというか... 

ウチは義母はある意味そこまで、ガイジン嫁に頼りたくない、って感じですかね。
あちらが打ち解けても、心開いても来ない、と文句言いたいけど、私の方から働きかけるべきとか言われましたんで...
世の中には自分と全く感性も考え方も価値観も違う人がいるんだってのは、理屈では分かっていても、目の当たりにすると自分から働きかけることは出来ませんでしたね...って、そんなじゃダメなんでしょうけどね。
ま、いいや、もう帰るからw
  • posted by mai 
  • URL 
  • 2012.02/23 13:12分 
  • [編集]

ふぅ~ 

v-22日本時間でこんばんは。
いやぁ~ 違う人のブログに来たかと思いました(笑)
某国に住んでらっしゃるのに、なんて日本的!(笑)
義母さま。。 なかなかツワモノですな。
あきれてポカンと口を開いてしまいました。。(苦笑)
きっと、義母さんは不安でいっぱいなんでしょう。
義父さまがいらっしゃる中でも今のようですから、
今後、もっとらくだのせなかさんのストレスになるようなことが増えますな。。
鬼嫁と言われても、いーじゃないですか!
鬼嫁業、貫きましょ! らくだのせなかさんがもたないですよ(^^)v
  • posted by 鯨もん。 
  • URL 
  • 2012.02/23 12:21分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。