月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・人生の目標(その1)

いやいや、まだまだイマイチ、先日の日記のショックから立ち直れんらくだ。

ショックも覚めやらぬまま、今日からタダ働き現場で実習。
夏にも実習しとった老人リハビリ病院の老年心理学部門。
実はね、夏の実習は、でゃ~がく(大学)入学前にやらせてまったもんで、「でゃ~がく教育の一環としての実習」に値せんっちゅう判断が下されて、もう一度やり直しとなったんだわ~。
折角、のんびりと春休みを満喫させてまおうと思っとったんだけどねぇ。

らくだの身辺、あれこれとバタバタしてきたもんで、「出来ることはさっさと終わらせとかんといかん」って、どえりゃ~焦ってねえ。

そういえば、人生の目標を変更したって話だったわなも。

まあ、てゃ~した目標じゃにゃ~んだけど、とりあえず、二つ考えたんだわね。

その1・いつ、どんな場面で死んでもええように、きちんとした身なりで生活。(特に、清潔で美しい下着は必需品。)

実は、これには、ひとつエピソードがあってねぇ。


らくだの姉(ね~ちゃん)は、いわゆる内科医。
とある大病院で夜間当直をしていたときのこと。
ある男性患者さんが、救急車で運ばれてきてねぇ。
(どうやら病院付近で暮らしとりゃ~す路上生活者だったらしんだけど・・・)

蘇生せんといかん状態だったらしいんだわね。
で、ね~ちゃんと看護婦さんとで、着とった服を引っ剥がしたらねぇ・・・。




レースがぴらぴらのブラジャー。
おそろいのショーツ&ガーターベルト付きストッキング
の3点セットをお召しになっとりゃ~したようでねぇ。
何とも、気まずい空気がその場を流れたらしいんだわ。



で、死んだかもしれんと思ったときに、らくだの頭をよぎったのが、ね~ちゃんの体験談。
まず、日頃の心遣いで、達成できる目標ってことで、らくだがこの目標を掲げるにいたったわけ。

明日は、再び、長距離通学予定日。
おまけに、今夜は大雪の予報。今から、通学が楽しみだわなも。

みなさんも、どうぞ気をつけてちょ~でゃ~ね。

その2へと続く予定。。。。
スポンサーサイト

*Comment

ぴかままさんへ 

あの~、キャラであって、演じられたご本人がそうというわけじゃないんですよね。
ところで、あのオペラの写真見てたら、「見たかった~。」と改めて思いました。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.02/23 23:07分 
  • [編集]

そのおっさん・・・ 

こないだ私が出たオペラにそういうキャラがいたような・・・外側はメイド服でした(爆)
  • posted by ぴかまま 
  • URL 
  • 2009.02/23 13:33分 
  • [編集]

ふろっしゅさんへ 

ふろっしゅさんのお父さんの感覚、らくだに似とるわ。
出かけるときは、靴と下着に気を使うってねぇ。これって、名古屋地方の人の「細やかな心遣い」だわなも。(爆)

某国では、「どうせ汚にゃ~アジアのおばちゃんだで」と自暴自棄になっとるけどね。

うちのオトンも自営といえば自営だったけど、白衣着るとき以外は、洒落込んどったでねぇ。(ちなみに白衣の下は、Tシャツじゃにゃ~て、「ランニング」っちゅう爺くしゃ~下着だったわ。)

某国の下着ねぇ。買わんよ~。変に若者っぽいか、変にセクスィ~か、半端じゃにゃ~オバちゃんタイプだでねぇ。
フランスメーカーを日本の通販で購入。バストのカップは、日本製品よりらくだの胸に合うんだわ~。日本のは、頼りにゃ~でいかん。聞いたところによると、日本のサイズ表示だと、某国のサイズ表示より若干小ぶりに出来とるらしいわなも。
でも、おパンツ(pharyさんの言葉をお借りします)は、日本のメーカーを愛用。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.02/20 21:48分 
  • [編集]

No title 

あっ、これはうちのおトンの口癖だったわ。
うちのおトン、自営だったで普段は出掛けることもなく ボロも着とった
けど、ひとたび車で出掛けるときは、綺麗な下着に着替えとった。
やっぱり事故とかで病院に運ばれた時にイカンで、って言っとった!
私も気をつけよ~~。
ところであんたさん。ドイツで売っている下着って、体に合うかね?

あと、うちのおトンは靴もボロを履いてはイカンって言っとった。
人の身なりは、服よりも靴に現れるっていうセオリーを持ってござったんだわねぇ、なんでだろ?

その2が楽しみだわね。
  • posted by ふろっしゅ 
  • URL 
  • 2009.02/20 14:27分 
  • [編集]

Chakyさんへ 

おっと、想像力豊かなChakyさんも思いつかないうようなエピソードでしたか?
姉が当時働いていた病院は、路上生活者や労働者の多い地区だったので、おもしろい話が沢山ありました。その後、移動した病院は、名古屋きってのセレブ地区にあったので、逆にモンスター患者のようなのが沢山いたようです。

ババシャツ・腹巻・毛糸のパンツが三種の神器とは、さすが、寒いところにお住まいの方です。私は腹巻を使うことはたまにありますよ。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.02/19 21:17分 
  • [編集]

pharyさんへ 

実は、私もpharyさんと同じです。
すこしヨレヨレっとした下着なんか、勿体無くて捨てられません。
長期で旅行に出たときに、「帰りに捨てていこう」と思うのですが、結局持って帰ってきてしまう始末です。

  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.02/19 21:04分 
  • [編集]

・・・・・・ 

そうですよねぇ、どこで何が起こるか分からないから、清潔で美しい下着はマナーですよね。
しかし、その目標1に関するエピソードが・・・ 想像を超えています~!
(それが清潔で美しい下着だったのなら、OKでしょうか!?)
しかも、生死の瀬戸際でよぎったエピソードとは。

私はこの時期、ババシャツ、腹巻、毛糸のパンツの3点セットです。
  • posted by Chaky 
  • URL 
  • 2009.02/19 20:23分 
  • [編集]

No title 

<いつ、どんな場面で死んでもええように、きちんとした身なりで生活。(特に、清潔で美しい下着は必需品。)>
分かってはいるんですよ。
デモね、ゴムがよれよれになったおパンツの捨て時というものがいまひとつ分からない(←決心がつかないとも言う←ケチなもんで)私は、下着のローテーションの中でどうしてもそれをはいちゃう日があるんですね。(←清潔ではあるんですよ、自分の名誉のために言うと。)
その日に何事も起こらないことを祈るばかりです。
  • posted by phary 
  • URL 
  • 2009.02/19 09:54分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。