月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイ・クオリティ???

どうもどうも、最近、天気がどえりゃ~え~で、
ついつい更新をサボってまったわ~~。

さてさて、オジーとアンナの続きを・・・。

オジーの特別休暇とお互いの行き来によって、
す~っかり本気になってまった二人、とうとう結婚なんてもんを考えるようになってまってねえ。アンナは「某国で暮らすには、英語じゃにゃ~て、某国語が必要だわ~。」って切実に思ったらしいんだねえ。
で、ある日、オジーから電話がありまして・・・。

「取り合えず、モスクワで語学学校に通ってもらおうと思っとるんだけど、どっかえ~とこ知らんきゃ~??」
ってらくだに聞いたんだわ。
モスクワの学校なんて、らくだは知らんわけだわね~。「それに、本気で某国に来たいんなら、てめぇ~で調べろよ!!」と思いつつ、
人の良いらくだは、
「ゲーO・インスティテューOなら、某国での受けもえ~けど、たきゃ~でね・・・。まあ、あんたがちょこっと助けてあげれば、え~んじゃにゃ~きゃ~?」
って言ったんだわね。

そしたら、早速、その語学学校に通い始めたらしくて・・・。
ついでに、「某国に来るんなら自動車の運転免許もロシアで取っておく」と張り切って、自動車の免許も取ることになったらしいんだわ。当然、オジーが費用の援助しや~たわ。

で、某国語の授業が気に入ったらしくて、調子に乗った気分を良くしたアンナちゃん。
本格的にビザのことを考え始めたんだわね。
再び意見を求められたもんで、らくだは、
「大学付属の語学学校にも安く通えるで、取り合えず大学の某国語学科くらいに願書出しゃ~。学生ビザも取れるでねえ。結婚前にお試し同居も出来るがね。」
って言ったんだわ~。
だけど、
「今までイヤと言うほど勉強したんだし、今更、
博士取る手前の私
が学部生には戻りたにゃ~わ。」
と突っぱねられてまってねえ。まあ、気持ちはわかるで深入りせんかったけど・・・。
らくだもらくだの分際で、三十路越えて学部生に舞い戻った身分。語学以外は、学生時代にやったことの繰り返しで、切なかったもんねえ。

まあ、そんなこんなで、「結婚ビザ」ってのを取ることに決めたんだわ。
これは、某国国籍保持者との結婚を目的としたビザで、入国から3ヶ月以内に結婚するってのが条件らしいんだわね。らくだは、結婚するために某国入りしたくせに、学生ビザを取ったので、こういう厳しい条件は無かったんだわ~。

ちなみに、このビザに落ち着くまでの二人を観察しとると、二人揃って世間知らずなのが丸わかりって感じでねえ。
ビザの問題ってのは、自分で大使館や役所に問い合わせたり、ネットで下調べするもんだと思うんだけど、ぜぇ~んぶ、らくだとシェイクに聞くんだわね。
大体、日本人として学生ビザを取ったらくだは、ロシア人のビザの取り方なんて、知らんがね~。

おまけに、オジーったら、
「アンナは、ハイ・クオリティーな移民だから、きっと労働ビザが取れるよ。」
なんて、たわけなことを言や~すんだわ。
確かに、某国の新移民法(2005年1月施行)には、ハイ・クオリティーな移民はビザの取得が簡単に出来るという内容の項目があるんだけど・・・。
このハイ・クオリティーってのは、某国経済活動や研究活動に大いなるプラスをもたらすっていう意味であって、普通に考えられる学歴じゃにゃ~んだわ。つまりね、企業や研究機関なんかから、「来てちょ~でゃ~。」ってお呼びが掛かるレベルの人たちって意味合いなんだわね。そして、普通は某国で学位を取得した人が学生ビザから、労働ビザに切り替えるという感じで考えられとりまして・・・。
それに、「もうすぐ博士」ってのは、要するに
「博士」じゃにゃ~で、学歴と言う意味でも、別にてゃ~したことにゃ~わけよ。

ほんだけど、肝っ玉のちっちゃいらくだはね、シェイクにしかそのことを言わんかったんだわ。
「某国で大輪の花を咲かせませう」と夢を持つ人々の夢を壊しちゃ失礼かななんて、思ってね。
クラーク博士だって、「大志を抱け」っておっしゃったわけだしね。
らくだは、こういう時に現実的過ぎて、飛躍できない性格なんで・・・。 これはこれで、欠点だと思っとるんだけどね。

でも、結局は、らくだの現実的な予言どおり、彼女は「ハイ・クオリティーな移民」とは認められんかったんだわ。「表向きだけでも学生になる」ことを拒んだアンナは、結婚ビザを取ることになったってわけ。

で、オジーの頭の中で(だけ)は、鳴り物入りで(?)某国入りしたアンナ。
某国では、2005年1月以降に移住してきた人間(他国出身の某国国籍者も含む)は、インテグレーションコースってのに通って、「某国語と某国の歴史なんかを勉強して、修了試験を受ける」ことが義務付けられたんだわね。
で、普通はそういう情報ってのは、アンナ本人かオジーが調べて、自分でコースに申し込むもんだと思うんだわね。本当は、外国人登録をしにいく外国人局が情報を与えることになっとるはずだけど、自治体によってマチマチで徹底されとらんのよ。
どうやら、この二人、らくだに聞くまで知らんかったようで、「寝耳に水」の反応。そしたら、オジーが
「アンナはハイ・クオリティーだから、こういうコースが免除される」
って言い張るわけ。
でも、ビザ申請の段階でハイ・クオリティーじゃない人が、インテグレーションコースの際に、急にハイ・クオリティーになるわけにゃ~んだわね。
大体、このコースを受ける人の多くがアンナと同じ言葉(ロシア語)を話す人だったりするし、皆、某国に住み着くのが目的だで、「お友達が出来るし、安く某国語を習うことが出来るでえ~よ」って勧めたんだけど、
「私は、あなたとは違うのよ。」
ってアンナに言われてまってねえ。

らくだは、既に2002年に某国入りしとるし、某国の大学で勉強するだけの語学力があるんで、このコースはちぃ~~っとも必要なかったんだけど、「自分の研究材料にならんきゃ??」と思って、うそ八百を並べ立てて、コース参加許可を騙し取った頂いとったんだわ。で、語学コースはクラス分けの面接のみで免除されて、オリエンテーションコースっちゅう、某国の歴史や社会システムを勉強する講座にのみ参加したんだわね。
私自身、このコースから得る物は、精神的に大きかったなあと思っとるんだけど・・・。
ちなみに、オリエンテーションコースの修了試験、満点で合格したがね。(当たり前)

でも、このアンナちゃんは、エリートぶって「私は他の移民とは違うでね。」って対決姿勢を見せたわけ。
そして、もっとハイ・クオリティーな人々が集まる語学学校(ゲーO・インスティテューO)に通うことに決めたそうな。。。当然、オジーがパトロン。

ちなみに、インテグレーションコースの語学コース参加費用は、45分につき1ユーロ。半年間600ユーロで初級コースを終えるというシステム。
アンナが固執した語学学校は、2ヶ月で2000ユーロ。飛び級が当たりまえのようにできるんだけど、飛び級せんで初級コースを全部終えるには半年、6000ユーロ掛かるんだわね。集まる人間は、金持ち外国人・企業の派遣組み・国費留学などで費用を出してもらえる人くらい。どっちかというと、再び自国に戻るエリートが多いんだわね。
アンナは、某国首都に住んどった(ほぼ一人暮らしだった)で、他にも安くていい語学学校もようさん(たくさん)あったと思うんだけどね。探しもせんかったらしいわ。
自分で出せるお金があるんなら別だけど、こんな高い語学学校に半年も通うなんて、オジーを金づるだと思っとるんじゃにゃ~きゃね?? しっかし、半年で語学学校だけに6000ユーロもつぎ込んだオジーも情けにゃ~ね。
うちのシェイクは、らくだの教育費用は一切支払ってくれんかったんだけど、らくだが自分で払うとしても、「もっと安い語学学校を探せ。」と指令を出したと思うんだわね。(これ、普通の某国人=ケチ)

しっかし、このオジーの収入が税金で賄われとると思うと、もっと情けにゃ~ね。

それもこれも、「ハイ・クオリティー」にこだわるアンナが事の発端。
アンナちゃん、モスクワの教授の嫌がらせにあって、未だに博士論文の提出が出来ない状況。
気の毒だと思いつつも、自業自得とも言える面があってねえ。この話は、またそのうちね。
ついつい憎まれ口をたたきたくなってまうんだわね。

大したハイ・クオリティーだわねえ。
スポンサーサイト

*Comment

ふろっしゅさんへ 

そうだがね。休憩しとりゃ~すばゃ~いじゃにゃ~で。

ふろっしゅさんとこの、かの二人と比べて、オジーは中途半場にしかお金を持っとらんし、アンナはある程度高学歴だで、手に負えんのだわ。二人揃って、エリート意識が強いんだわね。

まあ、続きをそのうち書かせてまうで、待っとってちょ~よ。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2008.05/20 10:43分 
  • [編集]

No title 

いかんがね、休憩しとるばゃーいじゃにゃーわ、話がえっりゃー進んでってまっとるがっ!
あんたぁ、文章から怒りが滲みでとるよ、えーよえーよ、ガンガン書いたって。おっもしれーがね。
オジぃーとあんな、わたしんとこのかの二人の上を行っとるねぇ。素晴らしい勘違い振りとお馬鹿ぶりだわ。オジぃーはなまじお金持っとるようだで、つぎ込んでまっとるようだねぇ。わてらの税金きゃ、それ??いーーーかんわ。
オジぃー(故意に小さい“ぃ”の字をつけさせてまったわ、ったくもぉだでさ。)も、やっぱり勉強不足だわねぇ?何が、ハイクオリティーだ、たーけだーけもエー加減にしとかなかんっちゅーだわ。(名古屋弁って、おっそぎゃーねぇ?笑)続きが楽しみだわさ、ま、がんばって書いたってちょ。
  • posted by ふろっしゅ 
  • URL 
  • 2008.05/17 05:58分 
  • [編集]

鍵コメさんへ 

お越しくださって、ありがとうございます。
私は、生まれも育ちもど~っぷり尾張ですから、尾張弁は得意です。でも、本当は、標準語も話せるんですよ~。

もしよろしければ、怪しき尾張弁でのコメントもどうぞ。
現在、休憩をなさっておられるお客様ふろっしゅさんも名古屋弁でコメントしや~すでね。

それでは、またのお越しをお待ちしております。ペコ
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2008.05/14 12:36分 
  • [編集]

ぴかままさんへ 

あはは、本当に呆れちゃいますよね。
でも、本人たちは大真面目だから、余計に滑稽と言うか・・・。

私もね、Integrationskursって、不要な人間だったんですよ。趣味で参加しました。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2008.05/14 12:31分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2008.05/14 10:08分 
  • [編集]

あきれてモノも胃炎・・・ 

・・・じゃなくて「言えん」でした(笑)

このお二人さんには、ひとこと「たわけ!」と大声を浴びせたい気分~(爆)。
ちなみに私の時には、Integrationskursはまだ存在しなかったのでした・・・。
  • posted by ぴかまま 
  • URL 
  • 2008.05/13 12:51分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。