月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オカンの密輸品

またしてもブログをほったらかしにしとったらくだでござゃ~ます。

一体、何をしとったのかと言うと、あれこれと実験。

っちゅうのもね、オカンがどっか~んとでっかい密輸品を持ってきたもんで、ついつい熱中してまったわけだわなも。

どんな密輸品かっちゅうと・・・。


これでござんす。

で、これだけじゃ電圧が違う某国では使えんわけで、こんなものまで、持ってきてくれたんだわねぇ。ちなみに、らくだ家にあるものは、この写真の製品と色合いがちょっと違うような気がするんだけど・・・。うちのは、グレーっぽい本体に、淡いピンク色が所々に使われた、何とも愛らしいトランス。
オカンによれば、
「どうせ、まめに片づけんでしょ。台所に出しっぱなしなら、見た目がぶっしゃ~く(不細工)ではいかんでねぇ。」ってことらしいの。
らくだの行動、バレバレ。

ほんでもって、オカンのお得意技であるネットで一番安い販売価格を探したらしく、
「こんなたっきゃ~(高い)定価で、物を買う人がおりゃ~すんきゃ?」と本人は憤慨しとりました。


実はね、あるとき電話で、
「知り合いの方が、お餅もつけるホームベーカリーを持っとりゃ~してねぇ、お餅もパンもうどんもできるらしいがねぇ~。」とオカンに話したところ、
「よっしゃ~。今度は食料品じゃにゃ~て、それを持ってくでねぇ。」との予告。

まさか、買ってないよね~と思っとったら、「ホームベーカリー、買ったけど、あんたんとこ、電圧が違うがね。」と一週間後だったかに、連絡があって。
「トランスがなきゃ使えんよ。」とらくだが答えたら、今度は「トランスも買ったのはいいけど、ホームベーカリーはでっかいし、トランスは重てゃ~(重たい)し。どうやって、持っていこう?」と再び連絡があったんだわね。

ほんでも、「ネットであれこれ検索して、一番安いところで買ったでねぇ。」と得意気。70歳を超えても、頭はある程度達者。

どうも、ここんとこオカンが持ってくる密輸品は、らくだが某国にやってきた7年前と比べて、随分と高度化しとります。最初は、乾物とかお菓子、調味料くりゃ~だったのよ。

明太子に、納豆や霜降りの牛肉なんていう生ものは、冬場だけの季節限定密輸品。
オカンじゃにゃ~て、らくだ兄その2だけど、幼馴染のお母さんが届けてくれたという「なると金時」1箱とか、冷凍いくらっちゅうのもあったわねぇ。
ここ最近は、トルコで買った絨毯とか、らくだの嫁入りに際して買ったという食器(そんなもん、日本で買うな!)、そして今回の台所家電。

最近、税関検査が厳しくなったとあちこちで評判の某国。
オカンのようなおばちゃんが、こんなにいろいろな変わったものを密輸してくるとは、思わんようだわね。
ちなみに、動物性の食品は見つかると没収。絨毯や食器は、輸入税を思いっきり取られそうです。
たしかねぇ、免税輸入限度額の上限が、175ユーロだったんだわねぇ。低すぎ!!

<追記> はっちゃんの情報によれば、税関のルールが改正されて、420ユーロほどまで限度額が上げられたとか。はっちゃん、情報をありがとうございました。


そんなラッキーなオカンの娘であるはずのらくだにとって、税関は鬼門。

善良な市民であるはずなのに、日本に行けば、怪しい外国人のように思われ、いやみを言われながら税関検査を受けます。
あるとき(当時はまだ、小牧空港だったけど)なんて、「女性一人で、ヨーロッパですかぁ。何をして来たんですか?」と嫌味な質問。何で、あんたにそんなことを話さんといかんわけ?と思ったがね~。

そんでもって、某国では見るからに怪しい外国人だで、税関検査の人気者であるらくだ。偏頭痛で吐きそうだったときに、某国税関職人が耳元で大声の命令を下すので、「別に隠さんと、言われただけ払うから、どならんといてちょ~すきゃ?」と半分キレたこともあったくりゃ~、税関とは相性がわっりぃ~(悪い)んだわねぇ。

まあ、何はともあれ、オカンのおばちゃん特典をフルに活用させてまって、密輸成功。

食パンの実験に余念がないらくだでござる。
どうせ、外を出歩いたら、花粉症で酷いことになるでねぇ。必要以外には出歩かんのよ。
あれこれと粉を変えて、食パン実験中。しかし、写真は思いっきり、撮り忘れ。
実験結果は、そのうち報告させてまうで、待っとってちょ~ね。
スポンサーサイト

*Comment

はっちゃんへ 

あら、税関のルールが変わったなんて、知りませんでした。
情報、ありがとうございます。
そうか、420ユーロになったのですね。
いくらなんでも、200ユーロ以下じゃ厳しすぎますよね。

お餅もつけるホームベーカリー、楽しいです。
はっちゃんなら、ガンガン使いこなして、自分のレシピも開発しちゃいそうね。
私も、粉をいろいろ変えて、食感を研究中ですが、小麦粉(多分、1050番?)50%と全粒粉50%の食パンが気に入ってます。もっと全粒粉を増やそうかと思っているけど、付属のレシピ本に、最高で50%までと書いてあるので、まだ試していません。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.05/25 21:01分 
  • [編集]

No title 

古い記事へのコメントでごめんなさ~い。

もしかしてもうご存知かもしれませんが、確か昨年暮れ
辺りから税関のルールが変わって免税額が420ユーロ位に
なったはず。 っていうか今までが低すぎですよね…。

それにしてもお餅もつけるホームベーカリーいいですね!
私も次回は買うぞ!と狙っています。 (笑)
  • posted by はっちゃん 
  • URL 
  • 2009.05/25 12:51分 
  • [編集]

黒猫さんへ 

うちの母は、とても気前が良いのです。
といっても、子供のころは、お小遣いも他の家より少なかったし、かなり財布の紐が固かったのですよ。他人を助けるためには使っても、へんな贅沢は一切しない人でした。
あの~。掃除していただけるなら、お餅くらい、喜んで~。


  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.05/02 18:43分 
  • [編集]

pharyさんへ 

私の顔ですか?
う~ん、自分では「典型的な日本人」と思っていたんですがねぇ。
どちらかといえば、東南アジアに住む架橋や東南アジア系の方々だと思われるようです。凹凸が少ない顔なので、中近東ではありません。

いろいろなところで、税関検査が年々厳しくなっているという話は聞きますし、高速道路でも、税関職員が長距離トラックを検査している光景を横目に見ながら走ることが多いです。
この不況、どこかから税金を取り立てないと、つぶれそうな銀行に投入するお金もないでしょうから。
できれば、若者の貴重なお小遣いではなく、どうせ、信じられない額を脱税していそうな金持ちから取り立てて欲しいものですが・・・。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.05/02 18:36分 
  • [編集]

なんて優しいお母さま! 

らくださんのことを一生懸命考えて持ってきてくださる優しいお母さまですね。
あのぉ...やっぱり、掃除とかするっていう交換条件でつきたてのおもち、食べに行けますかね?私?(ずーずーし...)
  • posted by 黒猫 
  • URL 
  • 2009.04/30 23:02分 
  • [編集]

No title 

らくださん、もしかして中近東系のお顔なさってるんですか?
私、いまだかつておドイツでも成田でも引っかかったことありませんよ。
というか、おドイツには税関なんてないもんだと思っていたくらいです。だって、いつも誰もいないんですもの。はるか昔、マルチタイプのビデオを買った時、テレビもマルチタイプじゃないといけないと秋葉原の店員にだまされいわれ、一番小さいTV(といっても箱はかなり大きい)を箱ごとえっちらおっちらモロに運んできたときも「今回は絶対関税とられるだろうなーと思ってたのに、やっぱり誰もいませんでした。
ミュンヘン空港って甘いのかしら?と思っていたら、去年おにいちゃんが帰国したときはしっかりスーツケースを開けさせられ、もっていたお土産用タバコに60ユーロ払わされていました。成田では2カートンまで無税って言われたのに、ミュンヘンでは1カートンだけだよと言われたそうです。
食パンを作るとき、私はカナダ産のマニトバ粉を使っています。これが一番日本の強力粉に近い気がしますが、もっとほかにご存知でしたら教えてください。
  • posted by phary 
  • URL 
  • 2009.04/29 21:29分 
  • [編集]

鯨もん。さんへ 

ぶははは。
やっぱり、皆様にとって、日曜日の朝にパン屋を探し回ったのが、印象的だったようですね。
今度からは、タイマースイッチで、焼きたて食パン♪♪
あるいは、5時半起床でバターロールという手もあるんですが・・・。
らくだの性格なら、きっと食パンどまりでしょう。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.04/29 13:05分 
  • [編集]

オカンはすごいっ! 

v-22 日本時間でこんばんは。
らくだのせなかさんのオカンはすごいですね~
立派に密輸品を運びきって。。
これで、日曜日にパン屋を探さなくてすみますな(笑)
  • posted by 鯨もん。 
  • URL 
  • 2009.04/29 11:57分 
  • [編集]

ぴかままさんへ 

あれ、ぴかままさんは、引っかからないんですね。やっぱり、私って、怪しい外国人なんでしょうか。
日本では、厳しいチェックというより、嫌味を浴びせられて、ムカッときます。あれ、完全に職権乱用ですよ。そりゃ、肉製品とか持ち帰ったこともありましたけど~。(汗)

2007年の某国入国時は、ラップトップやらデジカメやら、あれこれと怪しいものが出てきまして・・・。
ラップトップは、電源を入れさせられ、デジカメはレシート提出を求められました。お酒やらには興味を示さず、電子機器関係を中心にかなり厳しく尋問されました。長時間飛行のお決まりで、偏頭痛がひどかったので、思わず床に座り込み、上記の逆切れとなったわけです。いざとなったら、目の前で吐いてやろうかと思っていたくらいです。(おっと失礼しました~)

普通、観光客は顔パスだといわれてますが、あの日の成金街空港では、ツアー観光客も調べられていました。どうもね、セントレアの免税店の袋を持っている人を徹底的に調べ上げていたようです。私は、免税店の袋、持っていなかったのに~。やっぱり、怪しいんだ~。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.04/28 09:11分 
  • [編集]

Chakyさんへ 

大胆にも、HBは商品が送られてきた箱ごと。
トランスは重たいけど小さいので、スーツケースに入れてきました。

彼女、某国の航空会社のフリークエント・トラベラーらしく、荷物が40キロまで持てるのです。「多分、今年か来年はじめで、普通のマイレージ会員に格下げされるから」と、張り切って密輸してくれました。
しかし、体重40キロくらいの母が、40キロの荷物とは・・・。

絨毯、使ってますよ~。某国の住宅事情では、ちょっと小さいかなという感じですが、私は絨毯の上に重たい家具を載せたくないので、小型の絨毯が気に入っています。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.04/28 08:52分 
  • [編集]

あら。 

あたし、日本の税関で鞄を開けろといわれたこと、一度もないわ~。
入国は小牧で1回、セントレアで1回、後は全部成田。
そういえば「開けろ」って、これまでベルリンで1回だけあったきりかも!
そういうときに限って、アヤシイものはなにひとつ持ってないラッキーな私♪
「これはなんですか?」「Sojasosseでっせ」「これは?」「日本製のSosseよ(ウスターソースだった)」「この黒い紙は?」「それはNoriという、乾燥海藻でっせ。お寿司屋さん行ったこと無いんですか?」これだけ。
あ~あ、私も親を密輸の達人に教育するべきであったか・・・(爆)。
  • posted by ぴかまま 
  • URL 
  • 2009.04/28 04:22分 
  • [編集]

どうやって・・・ 

すごーい、素晴らしいお母様!
しかし、どうやってこんな大きいものを密輸できたんでしょ?
スーツケースの中に入れてきた??
しかも、トランスも一緒では、すっごく重かったんじゃあ?
いいなぁ、これで日曜の朝からドライブしなくても焼きたてパンが♪

そうか、天満敦子さん似のらくださんは、怪しい外国人風なのね。

トルコで購入され日本経由で某国に密輸された絨毯は、使っていますか?
  • posted by Chaky 
  • URL 
  • 2009.04/27 21:50分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。