月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディジョンの街中で

ディジョンというのは、庶民派シェイクによれば、
「マスタード!!」というイメージの街。

らくだは、食い意地が張っとるもんで、
「エスカルゴと赤ワイン!!」

で、文化と昼寝担当のオカンは、O球の歩き方か何かでしっかり予習をしとったようで、
「そりゃ~、ブルゴーニュ公国の首都だったんだで、
文化の香りが漂う街にきまっとるがね。」

そんなわけで、バスで街に出たら、即、ブルゴーニュ大公宮殿の中にある美術館に行くことにしたんだわねぇ。ほら、オアシス村から車を走らせて来たんだから、もう夕方だったんだわなも。
ところが、まず、バスがね、途中で故障。

運転手のお兄ちゃんが、何やら「ゴニョゴニョゴニョ」と言っとりゃ~すのに、らくだもシェイクもわからん。でも、周りの皆がバスを降りるもんで、一緒にバスを降りたら、すでに代わりのバスが来とって、某国なんかよりも、よ~っぽど素早い対応。

バスに乗って、中心部へ。

途中で乗り換えたこともあったのか、シェイクはパニックに陥り、
「ら、らくだちゃ~ん。オイラ、どこの停留所で降りるのか分からんくなってまったがや~。」

幸いにも、降りる停留所の目の前に隣国の各都市にあるデパートがあったもんで、これで帰りのバス停探しも簡単。こういうランドマークになる建物が近くにあるってのは、逆方向に戻るときに便利だわなも。

え?? 逆方向???
ってことは、夕食後、暗くなっても公共交通機関? 言葉も分からぬ見知らぬ土地で??

なんて、お考えの皆様。 タクシーなんて、らくだ家が使うはずがにゃ~のよ。
ましてや、寝るのが生きがいのオカンが一緒だで、どうせ遅くまで出歩けるはずがにゃ~の。

そんなわけで、道をドンドン歩いて、目的の宮殿発見。
dijon

あ、これは、宮殿じゃにゃ~て、途中の景色。


ジャジャ~ン
dijon

アレ?
これは、宮殿前の広場。
宮殿の写真、どうやら消去してまったらしいわ~。

まあ、とりあえず、ブルゴーニュ大公(とは、程遠い)シェイクと北の政所(あれ、呼び方が変?)らくだ、そして大政所(いやも違う?)オカン、入場時間にギリギリセーフ。

あと30分ちょこっとで閉館となるなんて、どえりゃ~きわどい時間帯だったもんで、じっくり見る暇もなく、「最後の部屋にたどり着いた」段階で、係員が、残っている客を追い出しにかかり、閉館時間に残っていた客は、らくだとシェイクとオカンのみ。
あのね、オカンが「おトイレ!!」って言い出して、係員の監視の目をすり抜けて、トイレに駆け込んだんだわ。で、らくだとシェイクが事情を説明して、待たせてまったっちゅうわけ。
で、オカンがトイレから出てきたら、係員もらくだたちと同時に退館。
みんな、早くうちに帰りたかったんだわなも。

えっと、ここには、フランドル派の画家の絵やブルゴーニュ黄金時代に君臨しとった大公の墓石(と呼ぶには、あまりにもすごいもの)のレプリカがあったりしてね、見ごたえがあったんだわね。ちょっと、心残り。
まあ、オカンをトイレに閉じ込めて、翌日まで人質に取ったりしなかったで、ありがてゃ~と思わんといかんわね。

そんなわけで、文化の香りが漂うはずのディジョン観光。
オカンのおトイレで静かに幕を閉じようとしておりました。

ちょっと待てよ???


グルメの街よ?
やっぱり、ちゃ~んとご飯くりゃ~は食べさせてまわなかんわね。
ワインも有名なんだで、ワインも飲ませてまわないかんし。

そんなわけで、更に街を彷徨いつつ、
こんなもんを発見。

dijon2

これ、市場だがね~。

お、そういえば、ホテルのフロントのお姉ちゃんが、「市場の辺りにレストランが集まっとる」と言っとったわなも。
って、ことでこの周辺のレストランを覗いたんだけど、何でかイタリア系ばっか。
地元料理を出しとる店も、何となくイタリア語で店員同士が会話しとる。

ここまで来て、ピザを食べんでもええでね。
もうちょこっと歩いて、適当に入ったビストロのようなところで、食べました~。

カメラの電池切れで、写真はなし。

オカン:エスカルゴのスープ(前菜)&コック・オ・ヴァン(鶏肉のワイン煮込み)
シェイク:エスカルゴのスープ(前菜)&コック・オ・ヴァン&チーズ
らくだ:サラダ(前菜)&スズキのグリル&暖かいチョコレートケーキ

ワインは、忘れちゃったけど、グラスワインをあれこれと試し、幸せな気分で、バス停へと。
あ、お勘定は、オカンが担当。ありがとうね。

バスはかなり遅れたけれど、ちゃんとバス停にやってきて、ホテル前までたどり着き、オカンは化粧を落として、すぐに就寝。
らくだとシェイクは、ホテルで酒盛り。
あのね、持っていったシュナップス(蒸留酒)で、胃もたれ(食べすぎ)を解消。

オカン、ご馳走様~。
スポンサーサイト

*Comment

ぴかままさんへ 

そうです。食いだおれ旅行にシュナップスは付き物です。
それも、現地調達では、いけません。これ、ケチケチ旅行の基本でございます。
我が家は、このほか、熱帯など衛生状態がわからないところにいく場合にも、シェイクはウィスキー一瓶、らくだはシュナップスを小瓶に詰め替えたものを持参します。
胃薬よりも効く気がするのは、あくまでも気のせいでしょうか?

ぴかままさんも、次回はお忘れなく~♪
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.05/11 12:02分 
  • [編集]

あ~それそれ 

>>持っていったシュナップス(蒸留酒)で、胃もたれ(食べすぎ)を解消。
それだ!今回の伊勢参りに欠けていたのは!!!
すっかり忘れとったわ。
Magenbitter、調達していくべきだった~~~(>_<)
  • posted by ぴかまま 
  • URL 
  • 2009.05/11 05:48分 
  • [編集]

Chakyさんへ 

ごめんなさ~い。
おまけにカメラの充電器を忘れたんで、写真は全て、オカン撮影のものをPCに取り込ませてもらったのです。彼女のカメラ、私が昔持っていたものなので、古いシェイクのPCに取り込み用ソフトが残っていました~。
エスカルゴのお写真、どこかに入ってないかな~? もう一度、探してみますね。
でも、ディジョンではスープだったので、クリームスープにパイ皮を載せて焼いてあるというタイプでした。普通に我々が想像する「エスカルゴ」とは違うような・・・。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.05/10 09:44分 
  • [編集]

エスカルゴ見たいー 

えっ、写真ないのー!?
エスカルゴって食べたことないので、興味深々です。
お母様は召し上がらなかったのね。
でも、暖かいチョコレートケーキもおいしそう。
んん、お母様は文化と昼寝だけでなく、お勘定も担当ですか?
  • posted by Chaky 
  • URL 
  • 2009.05/08 21:57分 
  • [編集]

鯨もん。さんへ 

いつも、ご訪問ありがとうございま~す。
はい、我が家はいつも楽しく珍道中。オカンが加われば、怖いもんなしですよ~。はいはい、エスカルゴの国で珍道中を繰り広げました。

パスポートのはんこね、らくだが住むあたりはちょっと隣国に行くだけでは、もらえないんです。ショボン。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.05/08 20:39分 
  • [編集]

やっぱり楽しそう・・ 

v-22 日本時間でこんばんは。
楽しさ8割、大変さ2割で伝わってきました(^^)/
エスカルゴのお国に行かれたのですか??
らくだのせなかさんのパスポートは、ぷ~ちゃん以上にハンコがいっぱいなのでしょうね。
  • posted by 鯨もん。 
  • URL 
  • 2009.05/07 14:55分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。