月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケチケチ旅行にはつきものの

何だか、忙しかったここ2週間。
ブログは放置状態だったわなも。
本当は、土曜日の今日もでゃ~がく(大学)に行く予定だったんだけど、ついにめまいが酷くなってまったもんで、車に乗って出かけようとしたけど、高速道路に乗る前に、引き返してくる羽目になったわ~。
ほらほら、高速道路に乗ってまうと、なかなか引き返せんでしょ~。ガソリン代がかさむでねぇ。(ちなみに、某国の高速道路は、無料!!だでね。)

で、本題のケチケチ旅行。

ディジョンのチェーンホテルで、親子三人一緒の部屋で仲良く一夜を過ごした翌日。
朝食は、隣国には珍しいタマゴ料理まで付いた豪華(って言っても、パンとシリアル、乳製品のほかは、タマゴ料理、ベーコンやソーセージ、ハム類とフルーツやトマトやきゅうりくらい)なビュッフェ。
小さい子供を連れた家族連れでにぎわっとったけど、上品に気取って食べんでもいいで、朝からガッツリと腹ごしらえ。これ、ケチケチ旅行の基本。

で、昼は当然ながら、どこかで車を停めて、ピクニックすることにシェイクが勝手に決めこんどったもんで、出発前にスーパーで食料調達。前日の事前調査で、ホテルに併設される(いや、ホテルが併設されとる)ショッピングモール内に、フランス・巨大スーパーチェーンCarrefourが入っとることがわかったもんで、迷わず直行。ちなみにリンクは、日本語ね。日本にもあるんだわなも。


dijon2

dijon2

dijon2

これ、オカン撮影。
とにかくデカク、迷ってまうといかんで、アルコール類ばかり見たがるシェイクとフラフラと写真を撮りたがるオカンの両方に気を配りながら、らくだは隣国でのショッピングを楽しませてまったわよ~。

らくだたちの戦利品はねぇ。




ブリオッシュのミックス粉。
そば粉クレープ・ガレットのミックス粉。
Edmond Fallot社のマスタード(いろんな風味の小瓶セット)。
などなど、いわゆるみやげ物をどっさり。
マスタードなど地元の特産品は、同じ会社のものでも、土産屋よりもやっすいでねぇ。

そうそう、便利だなと思って買ったのは、ティーパックみてゃ~な形のブーケ・ガルニ。
らくだは、カレーでもシチューでもラタトイユでも、洋風の煮込み料理には、必ずこれを使うんだけど、ハーブをタコ糸で縛って、最後に取り出して・・・って、面倒なんだわねぇ。縛り方が悪いと、糸からハーブがスルッと抜けて、バラバラになってまって、取り出しにくいし・・・。
きっと、本格的ブーケガルニにはかなわんだろうけど、日本のだしパックみてゃ~だで、便利だしね。
オカンも真似して買っとったけど、「私、家で洋風の煮込み料理なんてせんで~。」と我が家に置き土産。

ほんでもって、昼食ピクニック&翌日の朝食のハム、チーズ、パンなど。トマトやきゅうりなどちょっとしたビタミン源も買わせてまいました。ハーブソルトは、我が家から持ってきたんで、必要にゃ~の。
シェイクのケチを知り尽くすらくだは、こんなことも想定して、最初っからプラスチックの使い捨てナイフとフォーク、コーヒーカップに割り箸まで持参しとるで、準備万端。

その他、シェイクのアイディアで買わされたもの。
生のアーティチョーク。小さいものを3つほど。(1個99セント!!)

アーティチョーク
写真は、お借りしました。
いくら何でも、これは、ピクニックには向かんわよねぇ。
鍋とコンロは持ってこんかったで~。

まあ、そんなわけで、ケチケチ旅行の必需品である「食料」を買い込んだらくだ一家は、第一の目的地であるFravigny sur Ozerainフラヴィニー・シュル・オズランへと向かったわけでござゃ~まする。



スポンサーサイト

*Comment

Chakyさんへ 

まあ、我が家のケチケチを楽しんでくださって、ありがとうございます~。

いや~、私、料理が嫌いなわけじゃないんですが、「料理にかける時間があるなら、他の事をしたい。」というタイプなので、普段は料理なんていい加減です。パンだって、ホームベーカリーがあるから頻繁に実験して遊んでいますが、手捏ねだったときには、3ヶ月に1回食パンを焼くだけでした。そんなことしなくても、某国のパン屋で売っているパン、美味しいから大好きですし。

シェイクが生のアーティチョークを買うと言い出したのは、他でもなく、「安かったから」!! 料理音痴の彼に、何のアイディアがあったわけでもないのです。

そうそう、フランスではプチホテルに泊まったときも、8ユーロ出して、コーヒーとジュースとクロワッサンとジャムでした。この経験から、朝食別料金の場合は、空いているパン屋に走って、パンを買ってきて、部屋でインスタントコーヒーをいれて、朝食を済ませることにしたのです。
湯沸しポットやジャム、紙コップ、紙皿は勿論、家から持参。
昨日、ネットで「ソーセージが日本では、朝食の定番」と読んで、驚き。こっちだったら、ソーセージはメインディッシュですよ~。日本の朝食って、ものすごく豪華ですよね。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.05/20 07:31分 
  • [編集]

ケチケチは楽し♪ 

いいですねぇ、スーパーでこまごましたお土産。 そんなお話を聞くのが、一番楽しいです。 
らくだのせなかさん、ブーケ・ガルニとか、本格的! パンも焼くし、お料理が出来る方なのね。

シェイクさんは、どんなアイディアの元、生のアーティチョークを所望されたのですか?

スウェーデン人がフランスでフランス人と部屋をシェアしてたとき、パンやチーズなど自分の朝食を並べてたら、フランス人から「朝からパンやチーズを食べるなんて!」と気持ち悪がれたとか・・・ 個人経営の民宿に泊まったら、朝食はコーヒーとジュースとクロワッサンだけだったとか・・・ 「朝食はしっかり食べましょう!」という標語は存在しないのか?
  • posted by Chaky 
  • URL 
  • 2009.05/19 21:00分 
  • [編集]

tulpさんへ 

母が一緒なので、一人当たりの料金は、かなり安かったんですよ。おまけに、イースター休暇中だったので、スペシャルプライスでした。
隣国のホテルは、某国に比べて、朝食が付いていなかったり、朝食のボリュームが足りないことが多いので、このホテルに関しては、ラッキーだったといえます。

今回は、帰りが日曜日になるということで、冷蔵品などが買えませんでしたが、普段、隣国に出かけたら、冷蔵品も買い込んで帰ってきます。アーティチョークは、一緒にゆでるためのレモン(現地購入)までセットにして壊れないように大事に家に持ち帰り、帰った日の夕食としました。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.05/18 13:18分 
  • [編集]

No title 

私も豪華ビュッフェの朝ごはんのときはもうしっかり食べますよー。
(でもなかなかそんな朝ビュッフェのあるとこに泊まれないのですが・・・・涙)

そして旅先のスーパーも外せませんね(笑)
ティーパック状になっているブーケガルニなんてあるんですね!
ふだんわざわざブーケガルニを作って使うことはないのですが
これなら気軽に使えそう♪

ちなみに生のアンティチョークはその後、どうしたのでしょう??
  • posted by tulp 
  • URL 
  • 2009.05/18 10:23分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。