月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんとね~~

ガッカリだった「フランスで最も美しい村」のひとつである、フラヴィニー・シュル・オズランを後にして、らくだ一行が向かったのは、シトー会の修道院。

運転手はらくだ。
道案内シェイクは、助手席で居眠り。
オカンは、当然、居眠り。

うちのたわけ(バカ)ナビが道に迷ってまったもんで、景色の美しい田舎道を、いい加減にしか解読できんフランス語の看板を頼りに自力でたどり着き、シェイクとオカンをたたき起こす。

そこで起きたオカンとシェイク。
「あ~、腹が減っては戦ができんで、まずは腹ごしらえせんとね。」

ってことで、駐車場を見回すと、周りでみんなピクニック。

らくだたちも、スーパーで買い込んだチーズにパンにトマトと前日からの残り物を食べて、デザートが欲しいなあと思っとったら、オカンがカバンからゴソゴソと何やら取り出して・・・。

なんと、朝食のヨーグルトを3つも持ってきとったんだわ。
さすが家事はせんけど、主婦暦45年。節約術を心得とるわね。

まあ、腹ごしらえを終えて、修道院へと・・・。


修道院

この修道院は、現存するシトー派修道院としては最古のもので、質素な生活を基本としたらしいのね。ほんだで、家具なんかも質素極まりなく、写真の被写体になるものが少にゃ~のよ。
でも、人里離れた野原にポツンと立ち、ここにいるだけで、不思議と心が安らぐような気がして、らくだは気に入った場所。

ちなみに、フランス革命ってのは、王族や貴族階級を倒すのが目的だったわけじゃにゃ~て、それまでの古い制度を全て改革するっちゅうことを目的にしとったらしくて、この修道院は、革命後に製紙工場になってまったのよ~。質素倹約がモットーの修道会を営利目的の工場にしてまうなんて、罰当たりな~~~。
ほんで、20世紀始めに、とある銀行家がこれを買い取り、製紙工場を取り壊し、再びもとの修道院に作りかえられたそうな。

でもね、院内の説明で読んだんだったと思うけど、ここに住んどりゃ~た修道士ってね、一日一食だったらしいんだわね。
らくだだったら、祈りを捧げて心が安らぐ前に、低血糖で意識不明になるわなも。
昔の修道士って、てゃ~へんだったんだねぇ。

おっと、忘れるとこだったがね。
この修道院は、フォントネー修道院(Abbaye de Fontenay)。
だから、日記のタイトルも、ほんとね~

このウルトラ親父級の言葉遊びは、亡き父親からの遺伝か、それともシェイクに影響されたのか???
どちらにしても、らくだに罪はにゃ~で、許してちょ~ね。


スポンサーサイト

*Comment

Tomojanaさんへ 

お~、Tomojanaさん、やっとかめ~。よ~来てちょ~でゃ~たねぇ。

なんと、そちらには「ほんとね~あれ~」があるとは・・・。
おまけに、サッカー選手が住んどりゃ~たとは、そりゃ聞くだけでも「高貴な通り」っちゅうのが伝わってくるがね。

ヨーグルトねぇ、オチがあって~。
うちのオカン、「あ、私、ヨーグルト苦手だったの忘れとったわ。持っていってくださいとばかりに積んであったもんで、ついつい持ってきてまったけど。」といって、シェイクが無理やり二つ食べさせられたんだわ。
戦前の生まれだで、せっかく手に入れた食べ物は無駄にできん性格。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.05/31 16:35分 
  • [編集]

No title 

ははは、修道院についてのお話も興味ぶきゃ~と思ったんだけど、
お母様のヨーグルト歴、いや、主婦歴のお話に大きく揺さぶられた
食い気一筋の私だわね。

お母様もケチなエコなドイツ人にでゃ~ぶ影響されとる
みたいだがね。

私の住んどる街にも「ほんとね~アレー」(Fontenay Allee)っちゅう、
高貴な道があるがね。昔サッカーの高原選手も住んどったわなも。
  • posted by Tomojana 
  • URL 
  • 2009.05/31 14:07分 
  • [編集]

pharyさんへ 

さすが、主婦暦の長いpharyさんは、母の手柄にビビビと来ましたね。
私はまだまだ修行が足りません。

修道院の一日一食。
この一食に何を食べていたのかが、非常に気になります。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.05/30 18:46分 
  • [編集]

ぴかままさんへ 

お、修道院宿泊経験者ですか??
うちの弓道クラブの初心者コースは、近くのベネディクト系修道院で開かれますが、ここでも決まった時間は私語を禁止されるようです。

私は、名古屋の出身大学が関係する修道院(多治見にあります)のログハウスをゼミ合宿で使っていましたが、酒を飲みながら、真夜中まで議論するので有名なゼミでしたから、とてものびのびと過ごしましたよ~。大学内にも、宿泊施設があり、これを使う場合は、礼拝堂のミサに参加する義務がありましたが、やはり飲酒もOKだったくらいです。

しかし、仕事での宿泊くらいは、厳格なところじゃなくて、普通に過ごしたいですね。高野山に修行しに行くんじゃないですもの。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.05/30 18:40分 
  • [編集]

鯨もん。さんへ 

こんにちは。
家族に振り回されまくっての旅行という言葉に、「ほんとねぇ~」とうなずきました。(くどい??)
でも、家族が仲良く旅行できるというのは、幸せなことですものね。それぞれの欠点に目をつぶって、お互いに仲良くしてくれるシェイクとオカンに感謝です。まあ、二人は、どっちにしても気があうようですが・・・。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.05/30 18:34分 
  • [編集]

tulpさんへ 

北海水産って、憧れつつも「高い!!」という思いがあって・・・。
一度も試したことがありません。
でも、オランダには美味しいお魚が比較的良心的な値段で手に入ると聞いています。いいなあ。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.05/30 18:29分 
  • [編集]

No title 

<朝食のヨーグルトを3つも持ってきとったんだわ。
さすが家事はせんけど、主婦暦45年。節約術を心得とる>
フフフ、お母様ぐっじょぶですわね。主婦歴ン年の私もそれくらいやるかも。
修道院は質素って聞いていましたけれど、一日一食って、、、、私も低血糖値派だわね。いやその前に脱走しちゃうな。
  • posted by phary 
  • URL 
  • 2009.05/30 16:00分 
  • [編集]

修道院 

(1)昔、パリ郊外の元修道院に泊まり込んでの講習会というのに参加したことが。
ものすごく素敵なところだったんだけど・・・屋根裏部屋にはコウモリが住みついているらしいです。私が泊まった部屋はとっても良い部屋だった(というか先客の強烈なタバコの匂いに文句を言って部屋替えてもらった結果、良い部屋を分捕ったのだけどね)んだけど、部屋によっては・・・だったらしい。飯とワインが旨かったっす。

(2)デュッセルの近郊の現役修道院に泊まったことが・・・。喋っちゃいけない宗派らしく、「修道士さんに話しかけないで下さい」という注意事項がありました。そういうところに泊まるという経験そのものは面白いのだけれど、仕事での旅の宿泊場所としてはなんだかなぁ・・・と。手配が先方任せの時の難点ではあります(苦笑)。向こうが配慮してくれてのことだけに、なかなか、ね。この時は、コンサートをする場所のすぐ近くにある元修道院を改装した宿泊施設を用意する、といわれていたのだけどそこが一杯でとれなくて、なぜか「修道院に泊まる」ということが一人歩きしてしまったらしんですわ。我々の希望は「会場からなるべく近くに泊まる」ということだったのに(爆)。
  • posted by ぴかまま 
  • URL 
  • 2009.05/30 02:44分 
  • [編集]

ほんとね~(笑) 

v-22 日本時間でこんばんは。
フォントネー修道院は、きれいですね。
フランスやイギリスって、庭がもんのすごく綺麗ですもんね。
らくだのせなかさんが、ご家族に振り回されながらの旅行が目に浮かびます(笑)
  • posted by 鯨もん。 
  • URL 
  • 2009.05/29 13:33分 
  • [編集]

No title 

タイトルをみて何が「ほんとね~」なのかと思っていたら・・・・・・

修道士の人たちは1日1食だったんですね~。
私も無理だなあ・・・・祈りに集中できなさそう。

前のコメントのお返事の「北海水産」
私も名前だけは聞いたことあります。
某国でも知られているんですね♪
ああ、なんだか急においしい魚が食べたくなってきた~~。

  • posted by tulp 
  • URL 
  • 2009.05/29 09:18分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。