月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻のワイン試飲

さてさて、フォントネーを出て、途中、シェイクの希望でお城に一軒寄って、二日目の宿地・ボーヌ(Beaune)へと・・・。

ここの目的は、ワイン試飲だったんだけどねぇ。。。

シェイクの希望でお城に寄っとる間に、到着が遅れたもんで、周辺の有名ワイン醸造所のワイン試飲が終わってまったのよ。
おまけに、「隠れ家的」っちゅうだけあってねぇ、このお城、個人所有のため、見学できず。
庭は、2ユーロの入場料を払えば入れてまえるらしいけど、おそぎゃ~(恐ろしい)猟犬が放し飼いになっとってね。
結局、近くのケーキ屋兼パン屋でエクレアを買って、庭の入り口の道路を挟んで向かい側にあったベンチで休憩。コーヒーは、朝、ホテルで湯沸しポットとインスタントコーヒーで入れたものを、魔法瓶に入れてあったもんで、これで目覚まし。

気を取り直して、ボーヌへ車を走らせ、珍しく「たわけナビ」が大活躍。
ホテルにも迷わずたどり着き、2泊目からは別々の部屋ってことで、オカンはシングルの部屋、らくだとシェイクはダブルの部屋へと・・・。らくだたちの部屋ったら、障害のある方が使えるようにっちゅう配慮がされとって、バリアフリーでシャワーのところに椅子が取り付けられとったの。バスタブなし。
でもねぇ、部屋に入るのに、階段を10段登る必要があるもんで、バリアフリーは役立たず。
駐車場はタダのところを探したけど、狭くてねぇ。この駐車場の狭さは、いかにも隣国って感じだわなも。
チェックインの際に、「朝食をつけや~す?」と聞かれたんだけど、一人15ユーロなんて、驚きプライスだったで、当然、お断り。
早速、シェイクと二人で近所を探検がてら、パン屋の営業時間を偵察。
隣国のパン屋ってのは、すっげ~わなも。
ちゃ~んと日曜日でも朝早くから営業。
おまけに、某国に見られるような地域を牛耳るパン屋チェーンの存在がにゃ~のか、ホテル近辺~町の中心部にかけてのパン屋は、みんな個人経営っぽいパン屋。こういうのを見ると、「アンチ・パン屋チェーン」のらくだは、うれしくなってまったわ。

で、ホテルに戻り、オカンを連れて、もう一度、街を散策。


修道院

このカラフルなとんがり屋根は、翌日の目的地。

。。。とここまで元気だったオカンが、急に
「歩きすぎで足がいてゃ~(痛い)。あたし、もうこれ以上、歩かんでね。」
とムクレ出したんだわ。

まあ、そんなわけで目の前にあったレストランに入って、夕食。
またしても、エスカルゴを前菜に選んだオカンとシェイク。
らくだは・・・。もう、随分前のことだで忘れてまったわ~。 
お味はね、実はイマイチだったんだわね。
シェイクの付け合せのポテトグラタンは、中が凍ったままだった~。
でもね、ワインはうみゃ~。

食べた後は、オカンの希望でタクシーで、ホテルまで。
シェイクったら、フランス語学習歴6週間(それも今から20年近く前??)のくせに、運転手さんと会話。
あんた、やるがね~。

で、翌日は、ワインと並ぶボーヌ観光のハイライト。




ボーヌ

これは、15世紀に貧しい人々のために建てられた病院
オテル・デュー(Hôtel Dieu)。
運営費は、所有するブドウ畑からできるワインの販売でまかなわれたとか。

ボーぬ

これが病室。
下の写真のようなベッドが、ずら~っと縦に2列連なっとるだけ。

P1010987.jpg

貧しい人がこんなところにきたら、それだけで縮み上がってまって、治る病気も治らんかったんじゃなかろうかと思ったんだけどねぇ。まあ、衛生じょ~てゃ~(状態)や、栄養は抜群に良かったんだろうけどね。

で、瀕死の患者には、特別に小さめの部屋があったんだけど、どっちにしても、「ペストなんかの伝染病患者がそうでにゃ~(ない)患者と同じ部屋だったら・・・。」って想像しただけで、ぞ~っとするわなも。

それでも、「貧しい人のために」と私財を投げ打って行動を起こすってのは、えりゃ~ことだわなも。

経営陣の失態で、経営が傾いとる大企業に血税を投入して、秋の総選挙対策しか考えとらん、某国の政治家たちも、こういうえりゃ~お方のつめの垢を煎じて、飲まんといかんわ~。
でゃ~てゃ~(大体)、経営陣で自分の私財をなげうって、真面目に働いとった従業員の給料にあてるなんて話は聞いたことにゃ~でね。「経営悪化の責任を取って辞任」っつったって、まんまと高額の退職金をせしめて、傾いた会社からおさらば。自分だけは、スイス辺りに豪邸を持って、リヒテンシュタインなんぞに隠し口座を持ったり、家族名義で財産を分散しとるのが、こういう経営陣のやることだでね。
ほんでもって、こういう経営が傾いた企業を買い取ったり、投資したりする会社なんて、最初っから某国の血税をあてにして、「一儲けしてやろう」って輩だから、数年経ったら、もっと利益率のたきゃ~(高い)東欧かC国に工場移転して、某国の多数の労働者が路頭に迷うことになるわけよね。ちょこっと前に、某携帯電話会社が、似たようなことをやったわよねえ。ブツブツ。。。

と、中世末の病院を見ながら、らくだは一人、某国のたわけどもに怒り新た。
折角の楽しい旅行気分が台無しになる前に、さっさと退散。
あ、オカンは恒例のおトイレとお土産購入も済ませとりました。

ボーヌの街を後にして、一面に広がるブドウ畑を走り抜ける道をドライブしながら、次の目的地へと向かったらくだ家一行。

P1020020.jpg

ワインの産地に住んどるらくだとシェイクには、「何てことにゃ~日常的な光景」。
でも、オカンは喜んどりました。前日の夕方は、オカンのわがままぶりにシェイクが切れる寸前で、どうなることかとヒヤヒヤしたけんども、オカンの機嫌が元通りになって、よかった~。


スポンサーサイト

*Comment

tulpさんへ 

今、某国では、怠慢経営してきた大企業が政府に援助を求めるのが流行ってまして・・・。ちょっと時事問題なんかも、織り交ぜてみました。

こうやって、楽しい旅行中に、くだらないことをウジウジ考えるのが、私の欠点のひとつ。夫にも、よく叱られます。

某国も日曜経営のパン屋が増えましたが、ほとんどが、地域を牛耳るチェーン店の傘下。オアシス村では、チェーン店でも日曜休業です。その代わりに、ガソリンスタンドで焼きたてパンが買えるので、助かりますが。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.06/08 09:55分 
  • [編集]

No title 

オテル・デュー、カラフルな屋根がとてもきれいだし
室内もとても高い天井を「おー」と見上げたのを覚えています。
(あ、政治にまで思いを馳せはしなかったけど(笑)・・・
でもねえ、高額の退職金とか・・納得いかないですよね~)

フランスのパン屋さんいいですよね♪
あ、でも某国でもいくつかのパン屋さんは日曜営業していますよね。
こちらでは基本的に日曜日パン屋さんもお休みです・・・・。
(アムステルダムとかの大都会(笑)は開いてるお店もあるようですが)


  • posted by tulp 
  • URL 
  • 2009.06/08 09:15分 
  • [編集]

鯨もん。さんへ 

あれ??
お城って、何て数えるんでしたっけ?
つっこまないで、教えてくださ~~い!!(マジで焦ってます・汗)
思い出せないのです。

少し、天国のぷ~ちゃんに近づいたかもしれません。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.06/07 09:13分 
  • [編集]

血が騒ぎました(笑) 

v-22 日本時間でこんばんは。
まず1行目の >シェイクの希望でお城に1軒寄って・・
お城って1軒、2軒って数えるんでしたっけ!?(笑)
軒で数えるって、どんな城やねんっ! っとツッコミ入れずにいられませんでした。。
(もちろん、このツッコミは愛情たっぷりですよ♪)
  • posted by 鯨もん。 
  • URL 
  • 2009.06/06 10:40分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。