月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦のかたち

今日は、ちょっと真面目な内容なので、いつもの尾張弁はやめておきます。


知り合いで、妊娠8ヶ月目で陣痛が起きて、死産してしまった夫婦がいます。
彼女は、当時32歳の誕生日を迎える2ヶ月前だったかと思います。
らくだは、どんなにがんばっても子供ができなかったので、「子供が欲しい」と思って、すぐに子供が出来た友人夫婦を、うらやましい気持ちを通り越して、恨めしい気持ちで眺めておりました。

だから、友人夫婦から悲しい知らせを受け取ったとき、らくだは素直に喜べなかった自分を悔やみ、とても悲しかったのを覚えています。

あれから、すでに2年近く。

彼女は、思い出を断ち切るために、住んでいた街も引越し、子供のお墓も引越し(9ヶ月前)後は、一度、飛行機で訪れただけ。もっと遠くにある自分の故郷には、その間に3回も行っているのに。

そして、死産のことは勿論、「子供」についての話題も一切拒み、「二度と妊娠したくない」とご主人にも言い放ったそうです。

彼女の妊娠は、らくだから見れば、何の問題もなく、非常に落ち着いた状態で、子供もスクスク元気に育っていました。
ただ、大事にするあまり、単身赴任だったご主人に全ての家事(掃除・洗濯・買い物・料理)を任せ、外に出て人に会うことすら拒み、最終的に正味20キロも太ってしまったとか。

確かに、失った命と打ち破られた希望を思えば、逃げ出したい気持ちも、思い出したくない気持ちも、理解できます。
でも、彼女は自分のことしか考えていない。
自分は、つらいことに蓋をして、思い出さないようにすればいいかもしれない。

ご主人は、本当は子供が欲しくて、つらいことを夫婦で話し合って、乗り越えたいと思っているのに、彼女は歩み寄る姿勢を見せない。二人は、まるで恋人同士のように、じゃれ合ったりして幸せそうにはしているけれど、肝心なことは話し合っていません。

それでも、夫婦は、一緒に生きていける。
でも、どちらかが自分の気持ちを押さえ込んで、我慢ばっかりしている。
そんな夫婦で、本当に将来もやっていけるのか?
どちらかが、認知症になったり、介護が必要な状態になって、そんな状態で大丈夫なのか?

夫婦のかたちは、いろいろ。
でも、夫婦の絆は、辛いことを一緒にがんばって乗り越えることによって、さらに深くなるはず。

ご主人が、シェイクに言ったそうです。
「あれ以来、夫婦関係が、難しくなった。でも、彼女は、それに気がつかないんだ。」

「ねえ、頑張って、二人で悲しみを乗り越えてよ。
それで壊れるような夫婦関係なら、いつかは壊れる運命にあるのよ。」
開きかけた口元を、らくだは、ギュッと閉じました。

夫婦のかたちは、いろいろ・・・だから。
スポンサーサイト

*Comment

nyaさんへ 

私は、のんびりと生きてきて、そんなにバリバリ仕事もしてこなかった人間だし、勉強だって、頑張っているように見えても、からっきしダメ。
人生経験も、某国に来てから、特にここ数年で、いろいろあったけれど、それまでは、甘ったれの「箱入り娘」でございましたので。(←誰も信じませんが。爆)

夫婦のかたちなんて、偉そうなことを書いてみたけれど、金婚式を迎えるような人たちを見ていると、「信頼関係」というよりは「忍耐」と「腐れ縁」だなあと感じることも多いかも。


  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.07/12 20:32分 
  • [編集]

No title 

夫婦のかたちって、それぞれありますよね。
でもって、どちらかが我慢してる状態が長く続くとひび割れて破綻するって言うのも事実。
我慢って爆発するものなんですよね・・・

夫婦と言う呼ばれる立場になったら「子供」のことはかならずでるテーマですよね。
らくださんもいろいろとあったんだなあと、何となくですがお察しします。

今回のこの話読んで、私自身のことをぼんやりと考えてしまいました。
  • posted by nya 
  • URL 
  • 2009.07/12 13:09分 
  • [編集]

鍵コメさんへ 

コメント、ありがとうございます。
リンクされたサイトでお礼をと思ったのですが、上手くそちらにお邪魔できないので、こちらで失礼いたします。

私も、鍵コメさんと同じ気持ちで、この日記の女性のことを見守っています。
よろしければ、またお越しくださいね。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.07/11 14:58分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.07/11 00:12分 
  • [編集]

鯨もん。さんへ2 

>  この人なら、私を幸せにしてくれるかも・・ という人を選ぶのではなく。
>  この人なら、一緒に苦労してもいい・・ と思う人を選びなさい。。
> っと、言った人がいました。。
> ほんとだなぁ~ と思って。。 ご友人は前者の想いだったのですね。
> ご主人は後者の想いだったのに。。
> らくだのせなかさんは、もちろん後者の想いで結婚されたんですよね(^^)v
>

おっしゃるとおりで、この話題の彼女は、「彼が私を幸せにするのが当然」という感覚でしょうね。
死産の件は、人それぞれの考え方があるかもしれませんが、その他の面でも、夫が妻の面倒を見るのは当たり前という人です。
らくだは、人生に苦労は付き物と考えていて、それを「誰と一緒に克服するか」というのは、やはり結婚相手を選ぶ上では、重要だったと思います。

ところで、そのCMって、O姫殿じゃないですよね? どこかで聞いたことがあるのです。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.07/10 20:07分 
  • [編集]

受け売りなんですが。。 

v-22 再びのコメントです。。
テレビの受け売りなんですけどね。
結婚相手を選ぶ時。。。
 この人なら、私を幸せにしてくれるかも・・ という人を選ぶのではなく。
 この人なら、一緒に苦労してもいい・・ と思う人を選びなさい。。
っと、言った人がいました。。
ほんとだなぁ~ と思って。。 ご友人は前者の想いだったのですね。
ご主人は後者の想いだったのに。。
らくだのせなかさんは、もちろん後者の想いで結婚されたんですよね(^^)v

 
  • posted by 鯨もん。 
  • URL 
  • 2009.07/10 13:03分 
  • [編集]

鯨もん。さんへ 

> 人生は人それぞれ。 いろいろありますな。。

鯨もん。さんのコメントを読んで、「なるほど~」とうなずいてしまいました。

ぷ~ちゃんと血がつながっていなくても、心はしっかり愛でつながっていたから、鯨もん。さんとぷ~ちゃんは、やっぱり正真正銘の家族です。

私は、心をしっかりつなげようと思ったら、自分のことだけでなく、相手の気持ちや希望を考えてあげたいと思ってしまうけれど、これも、きっと人それぞれなのでしょうね。ほら、鯨もん。さんだって、ぷ~ちゃんとじゃれていただけじゃなくて、ぷ~ちゃんのために、一生懸命だったでしょ?
らくだは、いつも(お金も労力も全てを)尽くすだけで、自分の気持ちを言うことも許されなくて、自分の気持ちのやり場がないとボヤく、このご主人に心から同情してしまうけれど、これも人生なのかもしれませんね。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.07/09 17:43分 
  • [編集]

人生は人それぞれで・・ 

v-22 日本時間でこんばんは。
鯨もん。は配偶者もいないし、子供もいない。。
だから夫婦は、どうあるべきかは、わかりません。
自分が子供を宿し、失ってしまったら・・ たぶん、今のご友人のようになるかも。。
自分が、その彼女の配偶者だったら・・ 一緒に話し合い、二人で乗り越えたいと思う。
自分がらくだのせなかさんだったら・・ 彼女に同じことを言うと思う。
らくだのせなかさんも、いろいろあったのですね。
鯨もん。だって、実はぷ~ちゃんとは、血はつながってないのです。。
人生は人それぞれ。 いろいろありますな。。
  • posted by 鯨もん。 
  • URL 
  • 2009.07/09 12:29分 
  • [編集]

くまさんへ 

> らくださんも、あまり我慢ばっかりしないでね。

くまさん、ありがとう。
我慢??しとるかな??? 自分では、気がつかんがね~。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.07/09 07:24分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.07/08 22:02分 
  • [編集]

No title 

らくださんも、あまり我慢ばっかりしないでね。
  • posted by どくとるくま 
  • URL 
  • 2009.07/08 19:59分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。