月の砂漠より

らくだの背中から眺めた人間模様をつづります

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に使ってないのに~

里帰り記事をのんびり更新中なんだけど、ここんとこ、どぇりゃ~腹の立つことがあってねぇ。
ちょびっと、ここらで怒りを発散がてら、書かせてまうわねぇ。
これは、某国に住んどりゃ~す方々なら、起こりうる問題だで~。
まあ、気ぃつけてちょ~よ。

2週間くりゃ~前に、うちの暖房・お湯・管理費なんかを請求するお手紙が、アパートの管理会社から届いたんだわねぇ。請求期間は、2008年1月~2008年12月。
どうやら、この管理会社ってのは、お湯や暖房の使用量を示すメーター管理がもともとのお仕事なんだけど、多角経営やり始めたって感じで、管理費なんかもここが一括請求するようになったんだわ。

うちは、アパートの家賃のほかに管理費・暖房費として、月々130ユーロが請求されとるのね。
ってことは、年間1560ユーロを既に支払っとるわけ。

で、らくだんちは、病気や客人が来るとき以外は、暖房はつけんのがモットー。
さぶく(寒く)なったら、厚着してしのぐんだわね。
ほんだでねぇ、暖房費が余って、返金されることが多いんだわ~。

それが、こんきゃ~(今回)は490ユーロの追加徴収!!
ちょっと~、どぉ~ゆ~こときゃ~??


内訳を見ると・・・。
・お湯代・前年より減る。使用量が減ったため。
お風呂に入る回数が減ったってこときゃ~なも?? ばばちぃ~(汚い)!!

・ゴミ処理代・前年より若干あがる。
これは、じちてゃ~(自治体)が値上げ。らくだのせいじゃにゃ~。

・庭整備費・前年はなかったはずなのに、徴収。
まあ、大家さんが芝生を整備したりしとりゃ~したで、文句は言えんわなも。

でもね、問題はここなんだわねぇ。
・暖房費・前年比460ユーロアップ~~????
何でぇ~?? らくだとシェイク、暖房、使っとらんのに???


早速、シェイクがアパートの住人とコンタクトを取り、情報収集。
大家さんにも文句を言って、事情を説明させる。

とね、おっとろしい~(恐ろしい)事実が判明。

「暖房使用量を測るメーターが正しく機能せず、やむを得ず、HKVOの条項にあるように、代わりの測定方法を用いました。」

っちゅうことらしいんだわ~。
HKVOってのは、「暖房費に関する規則」とでもいうのかねぇ、まあ法律の一種。
そこにはねぇ、
「メーターの故障などにより、正しい使用量がわからない場合には、床面積を用いて、暖房費を算定すること。」とあるわけ。

で、普通、アパートのような集合住宅では、
基本料金のほかに暖房使用量に応じた料金が出るんだわね。
計算方法は・・・。

アパート全体の暖房費÷アパート全体の暖房使用量=暖房使用単価を計算。
暖房使用単価×各世帯の暖房使用量=各世帯の暖房費

ところが、この計算式の青色部分が不明っちゅうことだわねぇ。
そうすると、この青色部分の数字がアパートの総床面積になるんだわ。
で、でゃ~てゃ~(大体)は、アパートの床面積のほうが、断然ちっちゃいもんで、暖房使用単価が前年比・7倍だっけ、そんな感じ。
で、これに床面積をかけると、とんでもにゃ~金額になるってことだわなも。

で、この暖房費に関する規則には、他の条項に規定されとるの。
「この算定方法に異論がある場合には、支払い義務者は暖房使用費の15%を差し引いて、支払うことが許される。
ただし、メーター管理者がメーターのメンテナンスを定期的に行っていた場合は、これには該当せず。」


ちなみに、この管理会社、アパート中のメーターを今年3月だっけに、全て交換。
管理会社が言い張る、メーターの故障っちゅうのは、本当なのか嘘なのか、証明できんわけよね。

しかしねぇ、普通のお仕事だったら、こういうときのために、損害賠償保険とかあるんじゃにゃ~かと思うのね。
暖房業界ってのは、損害賠償とかないのかねぇ??

な~んで、自分たちのメーターが故障したからって、エンドユーザーが使いもせんかった暖房費を徴収されないかんわけ??

でゃ~てゃ~(大体)、アパート全部のメーターが壊れたんなら、何で、全体の暖房費ってのが、算出できるわけ??

シェイク、再び大家さんにクレーム。
「今回は、しゃあないけど、ちゃんと事実関係を確認して、住人全員に説明して欲しい」ってのが、シェイクの言い分。
すると、大家さんが自ら、「200ユーロでいい」って言や~した(言った)んだわね。

で、シェイクったらケチなくせにお人よしだで、
「らくだちゃん、おいら、全額払おうと思う」って言い出すんだわ~。

「あのね、あっちから言い出したんだで、このチャンスは逃しちゃいかんの。
 どうせなら、電話での会話内容を再現したものを紙に書いて、あっちのサインをもらっておかないかんわよ。そうせんと、後で、金を払わんかったって、利子がつく可能性があるでね。」
(だって~、本当なら150ユーロは返金されても、ええくりゃ~なんだでね!!)

結局お人よしシェイクは、250ユーロ払ったらしいんだわ。

しかし、この腹が立つHKVO!!

暖房業界ったら、マフィアみてゃ~だわねぇ。
そんな壊れやすいメーターを作ってんじゃにゃ~わよ!!
スポンサーサイト

*Comment

ろばさんへ 

追加徴収が毎年のことだと、そのうち月々支払う「暖房費・管理費」が値上げされることになりかねません。
うちの場合は、毎年、返金されていたくらいなので、本当に暖房を使っていないのです。
そのくせ、400ユーロを超える追加徴収を受けるというのは、やっぱり腑に落ちません。

さすがに、今年の初めは、カンボジア旅行から帰ったら、マイナス15度の世界で、暖房を使いました。
ああ、来年の暖房費も恐ろしいことになりそうです。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.09/21 15:11分 
  • [編集]

No title 

私もらくださん家と同じようにできるだけ、暖房は使わず、厚着して、寒さを凌いでいるにもかかわらず、毎年追加請求されています。
去年の冬は、さすがに寒すぎて、暖房を使ってしまったので、今回は、いくら請求されるんだろうと本当にびくびくしてます・・・。

  • posted by ろば 
  • URL 
  • 2009.09/18 21:41分 
  • [編集]

ぴかままさんへ 

本当に、やくざみたいな会社です。

Mieterbundはですね、うちは入ってないのですが、階下のご家族が入っていて、彼らからの情報によれば、「これは、どうしようもない話なんです。」と言われてしまったとか。
別の住人のお姉さんが、賃貸契約に詳しい弁護士らしいのですが、彼女も「この15%を差し引いて支払うっていう、最後の悪あがきしかできないのよ。」ということで、おとなしく支払ったそうです。

世の中、自分がいきなり当事者になるまで、「え~??こんな法律あったの?」ってことが多すぎます。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.09/18 16:18分 
  • [編集]

桜もちさんへ 

え~?? 600ユーロってのも、すごいわ~。
でも、うちの追加徴収ね、思いっきり寒くなる前で、この金額!!
今年に入って、カンボジアから戻ったあとで、余りにも寒かったから、暖房を使ったの。
一体、この暖房費が来年の今頃、どうやって請求されるかが、今からビクビクだわ。

> 車の修理、どーなった、そーいやぁ。
***********
車の修理、出しましたよ~。自己負担500ユーロ。
今まで保険料をケチっとったで、自己負担も多かったわ~。美しく直りました。
でもね、知らないうちに当て逃げされとった、反対側が凹んでるのに、気がついた。ショボン。
  • posted by らくだのせなか 
  • URL 
  • 2009.09/18 16:13分 
  • [編集]

ああ・・・ 

恐るべき管理会社・・・
こういうときにこそ、Mieterschutzbundには入っておくべきよね、賃貸住まいならば。
  • posted by ぴかまま 
  • URL 
  • 2009.09/18 15:38分 
  • [編集]

No title 

なにそれ、そんなことがあったの?
うちも、今回凄い追加徴収があったんだわ。600ユーロだったかな?
冬が寒かったでしょーがないかなぁ なんて思いながらも
いっくらなんでも追加が多すぎる事なぁい??って不満を感じては
おったんだわ。 うそぉ、うちもメーター壊れとったりして。
んま、他の住人さんとの頭割りとかってんじゃないで、
らくだのせなかさん所とは、問題が違いそうなんだけどさ。

車の修理、どーなった、そーいやぁ。
  • posted by 桜もち 
  • URL 
  • 2009.09/18 13:47分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

らくだのせなか

Author:らくだのせなか
いらっしゃいませ。
らくだのせなかに乗って、お散歩してみませんか?
今年は、決断の年になりそうな予感。って、いったい何を決断しようかな??

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくだライブラリー

あまり日本語の本を読まんので、これを励みに読書もせんといかんわなも。お勧めの本、教えてちょ~ね。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。